国木田独歩

詩想——国木田独歩

       丘の白雲

 大空に漂う白雲《しらくも》の一つあり。童《わらべ》、丘にのぼり松の小かげに横たわりて、ひたすらこれをながめいたりしが、そのまま寝入りぬ。夢は楽しかりき。雲、童をのせて限りなき蒼空《あおぞら》をかなたこなたに漂う意《こころ》ののどけさ、童はしみじみうれしく思いぬ。童はいつしか地の上のことを忘れはてたり。めさめし時は秋の日西に傾きて丘の紅葉《もみじば》火のごとくかがやき、松の梢《こずえ》を吹くともなく吹く風の調《しら》べは遠き島根に寄せては返す波の音にも似たり。その静けさ。童は再び夢心地《ゆめこごち》せり。童はいつしか雲のことを忘れはてたり。この後、童も憂《う》き事しげき世の人となりつ、さまざまのこと彼を悩ましける。そのおりおり憶《おも》い起こして涙催すはかの丘の白雲、かの秋の日の丘なりき。

       二人の旅客

 雪深き深山《みやま》の人気《ひとけ》とだえし路《みち》を旅客《たびびと》一人《ひとり》ゆきぬ。雪《ゆき》いよいよ深く、路ますます危うく、寒気|堪《た》え難くなりてついに倒れぬ。その時、また一人の旅人来たりあわし、このさまを見て驚き、たすけ起こして薬などあたえしかば、先の旅客《たびびと》、この恩いずれの時かむくゆべき、身を終わるまで忘れじといいて情け深き人の手を執りぬ。後《のち》の旅人は微笑《ほほえ》みて何事もいわざりき。家に帰らば世の人々にも告げて、君が情け深き挙動《ふるまい》言い広め、文《ふみ》にも書きとめて後の世の人にも君が名歌わさばやと先の旅客《たびびと》言いたしぬ。情け深き人は微笑《ほほえ》みて何事もいわざりき。かくてこの二人《ふたり》は連れだちて途《みち》をいそぎぬ。路はいよいよ危うく雪はますます深し。一人つまずきぬ。一人あなやと叫びてその手を執りぬ。二人は底知れぬ谷に墜《お》ち失《う》せたり。千秋万古《せんしゅうばんこ》、ついにこの二人がゆくえを知るものなく、まして一人の旅客《たびびと》が情けの光をや。

       ※[#「月+溲のつくり」、第4水準2-85-45]土《しゅうど》

 美《うる》わしき菫《すみれ》の種と、やさしき野菊の種と、この二つの一つを石多く水少なく風|勁《つよ》く土焦げたる地にまき、その一つを春風ふき霞《かすみ》たなびき若水《わかみず》流れ鳥|啼《な》き蒼空《あおぞら》のはて地に垂《た》るる野にまきぬ。一つは枯れて土となり、一つは若葉|萌《も》え花咲きて、百年《ももとせ》たたぬ間に野は菫の野となりぬ。この比喩《ひゆ》を教えて国民の心の寛《ひろ》からんことを祈りし聖者《ひじり》おわしける。されどその民の土やせて石多く風|勁《つよ》く水少なかりしかば、聖者《ひじり》がまきしこの言葉《ことのは》も生育《そだつ》に由なく、花も咲かず実も結び得で枯れうせたり。しかしてその国は荒野《あれの》と変わりつ。

       路傍の梅

 少女《おとめ》あり、友が宅にて梅の実をたべしにあまりにうまかりしかば、そのたねを持ち帰り、わが家《や》の垣根《かきね》に埋めおきたり。少女《おとめ》は旅人が立ち寄る小さき茶屋の娘なりき、年経てその家倒れ、家ありし辺《あた》りは草深き野と変わりぬ。されど路傍なる梅の老木《おいき》のみはますます栄えて年々、花咲き、うまき実を結べば、道ゆく旅客《たびびと》らはちぎりて食い、その渇《かわ》きし喉《のんど》をうるおしけり。されどたれありて、この梅をここにまきし少女《おとめ》のこの世にありしや否やを知らず。
          (明治三十一年四月作)

底本:「武蔵野」岩波文庫、岩波書店
   1939(昭和14)年2月15日第1刷発行
   1972(昭和47)年8月16日第37刷改版発行
   2002(平成14)年4月5日第77刷発行
底本の親本:「武蔵野」民友社
   1901(明治34)年3月
初出:「家庭雑誌」
   1898(明治31)年4月
入力:土屋隆
校正:蒋龍
2009年3月28日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA