国木田独歩

石清虚——國木田獨歩

 雲飛《うんぴ》といふ人は盆石《ぼんせき》を非常に愛翫《あいぐわん》した奇人《きじん》で、人々から石狂者《いしきちがひ》と言はれて居たが、人が何と言はうと一|切《さい》頓着《とんぢやく》せず、珍《めづら》しい石の搜索《さうさく》にのみ日を送つて居た。
 或日《あるひ》近所《きんじよ》の川《かは》に漁《れふ》に出かけて彼處《かしこ》の淵《ふち》此所《こゝ》の瀬《せ》と網《あみ》を投《う》つて廻《ま》はるうち、ふと網に掛《かゝ》つたものがある、引《ひ》いて見たが容易《ようい》に上《あが》らないので川に入《はひ》つて探《さぐ》り試《こゝろ》みると一抱《ひとかゝへ》もありさうな石《いし》である。例の奇癖《きへき》は斯《かう》いふ場合《ばあひ》にも直《す》ぐ現《あら》はれ、若しや珍石《ちんせき》ではあるまいかと、抱《だ》きかゝへて陸《をか》に上《あ》げて見ると、果《はた》して! 四|面《めん》玲瓏《れいろう》、峯《みね》秀《ひい》で溪《たに》幽《かすか》に、亦《また》と類なき奇石《きせき》であつたので、雲飛《うんぴ》先生《せんせい》涙《なみだ》の出るほど嬉《うれ》しがり、早速《さつそく》家《いへ》に持《も》ち歸《かへ》つて、紫檀《したん》の臺《だい》を造《こしら》え之を安置《あんち》した。
 靈《れい》なる哉《かな》この石、天《てん》の雨《あめ》降《ふら》んとするや、白雲《はくうん》油然《ゆぜん》として孔々《こう/\》より湧出《わきい》で溪《たに》を越《こ》え峯《みね》を摩《ま》する其|趣《おもむき》は、恰度《ちやうど》窓《まど》に倚《よ》つて遙《はる》かに自然《しぜん》の大景《たいけい》を眺《なが》むると少《すこし》も異《ことな》らないのである。
 權勢家《けんせいか》某《なにがし》といふが居て此《この》靈妙《れいめう》を傳《つた》へ聞《き》き、一|見《けん》を求《もとめ》に來《き》た、雲飛《うんぴ》は大得意《だいとくい》でこれを座《ざ》に通《とほ》して石を見せると、某《なにがし》も大に感服《かんぷく》して眺《ながめ》て居たが急《きふ》に僕《ぼく》に命《めい》じて石を擔《かつ》がせ、馬《うま》に策《むちう》つて難有《ありがた》うとも何《なん》とも言はず去《い》つてしまつた。雲飛《うんぴ》は足《あし》ずりして口惜《くやし》がつたが如何《どう》することも出來《でき》ない。
 さて某《なにがし》は僕《ぼく》を從《したが》へ我家《わがや》をさして歸《かへ》る途《みち》すがら曩《さき》に雲飛《うんぴ》が石を拾《ひろ》つた川と同《おなじ》流《ながれ》に懸《かゝ》つて居る橋《はし》まで來ると、僕《ぼく》は少《すこ》し肩《かた》を休《やす》める積《つも》りで石を欄干《らんかん》にもたせて吻《ほつ》と一息《ひといき》、思《おも》はず手が滑《すべ》つて石は水煙《みづけむり》を立《た》て河底《かてい》に沈《しづ》んで了《しま》つた。
 言《い》ふまでもなく馬《うま》を打《う》つ策《むち》は僕《ぼく》の頭上《づじやう》に霰《あられ》の如く落《お》ちて來た。早速《さつそく》金《かね》で傭《やと》はれた其邊《そこら》の舟子《ふなこ》共《ども》幾人《いくにん》は魚《うを》の如く水底《すゐてい》を潛《くゞ》つて手に觸《ふ》れる石といふ石は悉《こと/″\》く岸《きし》に拾《ひろ》ひ上《あげ》られた。見る間に何《なん》十|個《こ》といふヘボ石の行列《ぎやうれつ》が出來た。けれども靈妙《れいめう》なる石は遂《つひ》に影《かげ》をも見せないので流石《さすが》の權勢家《けんせいか》も一先《ひとまづ》搜索《さうさく》を中止し、懸賞《けんしやう》といふことにして家《いへ》に歸《かへ》つた。懸賞百兩と聞《きい》て其日から河にどぶん/\飛《とび》込む者が日に幾十人《なんじふにん》さながらの水泳場《すゐえいぢやう》を現出《げんしゆつ》したが何人《だれ》も百兩にあり着《つ》くものは無《なか》つた。
 雲飛《うんぴ》は石を奪《うば》はれて落膽《らくたん》し、其後は家《うち》に閉籠《とぢこも》つて外出しなかつたが、石《いし》が河《かは》に落《おち》て行衞《ゆくへ》不明《ふめい》になつたことを傳《つた》へ聞《き》き、或朝《あるあさ》早《はや》く家を出で石の落《お》ちた跡《あと》を弔《とむら》ふべく橋上《けうじやう》に立《たつ》て下を見ると、河水《かすゐ》清徹《せいてつ》、例《れい》の石がちやんと目《め》の下《した》に横《よこた》はつて居たので其まゝ飛《と》び込《こ》み、石を懷《だい》て濡鼠《ぬれねずみ》のやうになつて逃《にぐ》るが如《ごと》く家《うち》に歸《かへ》つて來た。最早《もう》〆《しめ》たものと、今度は客間《きやくま》に石を置《お》かず、居間《ゐま》の床《とこ》に安置《あんち》して何人にも祕《かく》して、只だ獨《ひと》り樂《たのし》んで居た。
 すると一日《あるひ》一人《ひとり》の老叟《らうそう》が何所《どこ》からともなく訪《たづ》ねて來て祕藏《ひざう》の石を見せて呉《く》れろといふ、イヤその石は最早《もう》他人《たにん》に奪《と》られて了《しま》つて久《ひさ》しい以前から無いと謝絶《ことわ》つた。老叟《らうそう》は笑《わら》つて客間《きやくま》にちやんと据《す》えてあるではないかといふので、それでは客間《きやくま》に來《き》て御覽《ごらん》なさい決《けつ》して有りはしないからと案内《あんない》して内に入《はひ》つて見ると、こは如何《いか》に、居間《ゐま》に隱《かく》して置いた石が何時《いつ》の間《ま》にか客間の床《とこ》に据《すゑ》てあつた。雲飛《うんぴ》は驚愕《びつくり》して文句《もんく》が出《で》ない。
 老叟《らうそう》は靜《しづ》かに石を撫《な》でゝ、『我家《うち》の石が久《ひさし》く行方《ゆきがた》知《しれ》ずに居たが先づ/\此處《こゝ》にあつたので安堵《あんど》しました、それでは戴《いたゞ》いて歸《かへ》ることに致《いた》しましよう。』
 雲飛《うんぴ》は驚《おどろ》いて『飛《と》んだことを言はるゝ、これは拙者《せつしや》永年《ながねん》祕藏《ひざう》して居るので、生命《いのち》にかけて大事《だいじ》にして居るのです』
 老叟《らうそう》は笑《わら》つて『さう言はるゝには何《なに》か證據《しようこ》でも有《ある》のかね、貴君《あなた》の物《もの》といふ歴《れき》とした證據《しやうこ》が有るなら承《うけたま》はり度《た》いものですなア』
 雲飛《うんぴ》は返事《へんじ》に困《こま》つて居ると老叟《らうそう》の曰く『拙者《せつしや》は故《ふるく》から此石とは馴染《なじみ》なので、この石の事なら詳細《くはし》く知《しつ》て居るのじや、抑《そもそ》も此石には九十二の竅《あな》がある、其中の巨《おほき》な孔《あな》の中には五《いつゝ》の堂宇《だうゝ》がある、貴君《あなた》は之れを知つて居らるゝか』
 言はれて雲飛《うんぴ》は仔細《しさい》に孔中《こうちゆう》を見《み》ると果して小さな堂宇《だうゝ》があつて、粟粒《あはつぶ》ほどの大さで、一寸《ちよつと》見《み》た位《くらゐ》では決《けつ》して氣《き》が附《つか》ぬほどのものである、又た孔竅《あな》の數《かず》を計算《けいさん》するとこれ亦た九十二ある。そこで内心《ないしん》非常《ひじやう》に驚《おどろ》いたけれど尚《なほ》も石を老叟《らうそう》に渡《わた》すことは惜《をし》いので色々《いろ/\》と言《い》ひ爭《あらそ》ふた。
 老叟は笑《わら》つて『先《ま》づ左樣《さう》言《い》はるゝならそれでもよし、イザお暇《いとま》を仕《し》ましよう、大《おほき》にお邪魔《じやま》で御座《ござ》つた』と客間《きやくま》を出たので雲飛《うんぴ》も喜《よろこ》び門《もん》まで送《おく》り出て、内に還《かへ》つて見ると石《いし》が無い。こいつ彼《あ》の老爺《おやぢ》が盜《ぬす》んだと急《きふ》に追《おつ》かけて行くと老人|悠々《いう/\》として歩《ある》いて居るので直《す》ぐ追着《おひつ》くことが出來た。其|袂《たもと》を捉《とら》へて『餘《あんま》りじやアありませんか、何卒《どうか》返却《かへ》して戴《いたゞ》きたいもんです』と泣聲《なきごゑ》になつて訴《うつた》へた。
『これは異《い》なことを言《い》はるゝものじや、あんな大《おほき》な石《いし》が如何《どう》して袂《たもと》へ入《はひ》る筈《はず》がない』と老人《ろうじん》に言はれて見ると、袖《そで》は輕《かる》く風《かぜ》に飄《ひるが》へり、手には一本の長《なが》い杖《つゑ》を持《もつ》ばかり、小石《こいし》一つ持て居ないのである。ここに於て雲飛《うんぴ》は初《はじめ》て此《この》老叟《らうそう》決《けつし》て唯物《たゞもの》でないと氣《き》が着《つ》き、無理《むり》やりに曳張《ひつぱつ》て家《うち》へ連《つ》れ歸《かへ》り、跪《ひざまづ》いて石《いし》を求《もと》めた。
 乃《そこ》で叟の言《い》ふには『如何《どう》です、石は矢張《やは》り貴君《あなた》の物かね、それとも拙者《せつしや》のものかね。』
『イヤ全《まつ》たく貴君《あなた》の物で御座《ござい》ます、けれども何卒《どう》か枉《まげ》て私《わたくし》に賜《たまは》りたう御座《ござい》ます』
『それで事は解《わか》つた、室《へや》を見なさい、石は在るから。』
 言はれて内室《ないしつ》に入《はひ》つて見ると成程《なるほど》石は何時《いつ》の間《ま》にか紫檀《したん》の臺《だい》に還《かへ》つて居たので益々《ます/\》畏敬《ゐけい》の念《ねん》を高《たか》め、恭《うや/\》しく老叟を仰《あふ》ぎ見ると、老叟『天下《てんか》の寶《たから》といふものは總《すべ》てこれを愛惜《あいせき》するものに與《あた》へるのが當然《たうぜん》じや、此石《このいし》も自《みづか》ら能《よ》く其|主人《しゆじん》を選《えら》んだので拙者《せつしや》も喜《よろこば》しく思《おも》ふ、然し此石の出やうが少《すこ》し早《はや》すぎる、出やうが早《はや》いと魔劫《まごふ》が未《ま》だ除《と》れないから何時《いつ》かはこれを持《もつ》て居るものに禍《わざはひ》するものじや、一先《ひとまづ》拙者が持歸《もちかへ》つて三年|經《たつ》て後《のち》貴君《あなた》に差上《さしあ》げることに仕《し》たいものぢや、それとも今《いま》これを此處に留《と》め置《おけ》ば貴君《あなた》の三年の壽命《いのち》を縮《ちゞめ》るが可《よい》か、それでも今|直《す》ぐに欲《ほし》う御座るかな。』
 雲飛《うんぴ》は三年の壽命《じゆみやう》位《ぐらゐ》は何《なん》でもないと答《こた》へたので老叟、二本の指《ゆび》で一の竅《あな》に觸《ふれ》たと思ふと石は恰《あだか》も泥《どろ》のやうになり、手に隨《したが》つて閉《と》ぢ、遂《つひ》に三個《みつゝ》の竅《あな》を閉《ふさ》いで了《しま》つて、さて言ふには、『これで可《よ》し、殘《のこり》の竅《あな》の數《かず》が貴君《あなた》の壽命だ、最早《もう》これでお暇《いとま》と致《いた》さう』と飄然《へうぜん》老叟《らうそう》は立去《たちさつ》て了《しま》つた。留《と》めて留《と》まらず、姓名《な》を聞《きい》ても言《いは》ずに。
 其後石は安然《あんぜん》[#「然」に「ママ」の注記]に雲飛の内室《ないしつ》に祕藏《ひざう》されて其|清秀《せいしう》の態《たい》を變《かへ》ず、靈妙《れいめう》の氣《き》を失《うしな》はずして幾年《いくねん》か過《すぎ》た。
 或年|雲飛《うんぴ》用事《ようじ》ありて外出したひまに、小偸人《こぬすびと》が入《はひ》つて石を竊《ぬす》んで了《しま》つた。雲飛は所謂《いはゆ》る掌中《しやうちゆう》の珠《たま》を奪《うば》はれ殆ど死《し》なうとまでした、諸所《しよ/\》に人を出《だ》して搜《さが》さしたが踪跡《ゆきがた》が全《まる》で知《しれ》ない、其中二三年|經《た》ち或日|途中《とちゆう》でふと盆石《ぼんせき》を賣て居る者に出遇《であつ》た。近《ちかづ》いて視《み》ると例《れい》の石を持《もつ》て居るので大に驚《おどろ》き其|男《をとこ》を曳《ひき》ずつて役場《やくば》に出て盜難《たうなん》の次第《しだい》を訴《うつた》へた。竅《あな》の數《かず》と孔中《こうちゆう》の堂宇《だうゝ》の二|證據《しようこ》で、石は雲飛《うんぴ》のものといふに定《きま》り、石賣は或人より二十兩出して買《かつ》た品《しな》といふことも判然《はんぜん》して無罪《むざい》となり、兎《と》も角《かく》も石は首尾《しゆび》よく雲飛の手に還《かへ》つた。
 今度《こんど》は石を錦《にしき》に裹《つゝ》んで藏《くら》に納《をさ》め容易《ようい》には外《そと》に出さず、時々出して賞《め》で樂《たのし》む時は先づ香《かう》を燒《たい》て室《しつ》を清《きよ》める程《ほど》にして居た。ところが權官《けんくわん》に某といふ無法者《むはふもの》が居て、雲飛の石のことを聞《き》き、是非《ぜひ》に百兩で買《か》ひたいものだと申込《まうしこ》んだ。何《なに》がさて萬金|尚《な》ほ易《かへ》じと愛惜《あいせき》して居る石のことゆゑ、雲飛は一言のもとに之を謝絶《しやぜつ》して了《しま》つた。某は心中|深《ふか》く立腹《りつぷく》して、他《ほか》の事にかこつけて雲飛を中傷《ちゆうしやう》し遂《つひ》に捕《とら》へて獄《ごく》に投《とう》じたそして人を以て竊《ひそか》に雲飛《うんぴ》の妻《つま》に、實《じつ》は石が慾《ほし》いばかりといふ内意《ないゝ》を傳《つた》へさした。雲飛の妻《つま》は早速《さつそく》子《こ》と相談《さうだん》し石を某《なにがし》權官《けんくわん》に獻《けん》じたところ、雲飛は間《ま》もなく獄《ごく》を出された。
 獄《ごく》から歸《かへ》つて見ると石がない、雲飛《うんぴ》は妻を罵《のゝし》り子《こ》を毆《う》ち、怒《いかり》に怒《いか》り、狂《くる》ひに狂《くる》ひ、遂《つひ》に自殺《じさつ》しようとして何度《なんど》も妻子《さいし》に發見《はつけん》されては自殺することも出來《でき》ず、懊惱《あうなう》煩悶《はんもん》して居ると、一夜、夢《ゆめ》に一個《ひとり》の風采《ふうさい》堂々《だう/\》たる丈夫《ますらを》が現《あらは》れて、自分は石清虚《せきせいきよ》といふものである、決《けつ》して心配《しんぱい》なさるな、君と別《わか》れて居るのは一年|許《ばかり》のことで、明年八月二日、朝《あさ》早《はや》く海岱門《かいたいもん》に詣《まう》で見給《みたま》へ、二十錢の代價《だいか》で再《ふたゝ》び君《きみ》の傍《かたはら》に還《かへつ》て來ること受合《うけあひ》だと言ふ。其|言葉《ことば》の一々を雲飛は心に銘《めい》し、やゝ氣《き》を取直《とりなほ》して時節《じせつ》の來《く》るのを待《まつ》て居《ゐ》た。
 そこで彼《か》の權官《けんくわん》は首尾《しゆび》よく天下《てんか》の名石《めいせき》を奪《うば》ひ得《え》てこれを案頭《あんとう》に置《おい》て日々《ひゞ》眺《なが》めて居たけれども、噂《うはさ》に聞《き》きし靈妙《れいめう》の働《はたらき》は少しも見せず、雲の湧《わく》などいふ不思議《ふしぎ》を示《しめ》さないので、何時《いつ》しか石のことは打忘《うちわす》れ、室《へや》の片隅《かたすみ》に放擲《はうてき》して置いた。
 其|翌年《よくとし》になり權官は或《ある》罪《つみ》を以て職《しよく》を剥《はが》れて了《しま》い、尋《つい》で死亡《しばう》したので、僕《ぼく》が竊《ひそ》かに石を偸《ぬす》み出して賣《う》りに出《で》たのが恰も八月二日の朝であつた。
 此日雲飛は待《ま》ちに待《ま》つた日が來《き》たので夜《よ》の明方《あけがた》に海岱門《かいたいもん》に詣《まう》で見ると、果《はた》して一人の怪《あや》しげな男が名石《めいせき》を擔《かつ》いで路傍《みちばた》に立て居るのを見た。代《だい》を聞《き》くと果《はた》して二十錢だといふ、喜《よろこ》んで買《か》ひ取《と》り、石は又もや雲飛の手に還《かへ》つた。
 其後《そのご》雲飛《うんぴ》は壮健《さうけん》にして八十九歳に達《たつ》した。我が死期《しき》來《きた》れりと自分で葬儀《さうぎ》の仕度《したく》などを整《とゝの》へ又《ま》た子《こ》に遺言《ゆゐごん》して石を棺《くわん》に收《おさ》むることを命《めい》じた。果《はた》して間《ま》もなく死《し》んだので子は遺言《ゆゐごん》通《どほ》り石を墓中《ぼちゆう》に收《をさ》めて葬《はうむ》つた。
 半年ばかり經《たつ》と何者《なにもの》とも知れず、墓《はか》を發《あば》いて石を盜《ぬす》み去《さつ》たものがある。子は手掛《てがかり》がないので追《お》ふことも出來ず其まゝにして二三日|經《たつ》た。一日|僕《ぼく》を從《したが》へて往來《わうらい》を歩《ある》いて居ると忽《たちま》ち向《むかふ》から二人の男、額《ひたひ》から汗《あせ》を水《みづ》の如く流《なが》し、空中《くうちゆう》に飛《と》び上《あが》り飛《と》び上《あが》りして走《はし》りながら、大聲《おほごゑ》で『雲飛《うんぴ》先生《せんせい》、雲飛先生! さう追駈《おつかけ》て下《くださ》いますな、僅《わづ》か四兩の金《かね》で石を賣りたいばかりに仕たことですから』と、恰《あだか》も空中《くうちゆう》人《ひと》あるごとくに叫《さけ》び來《く》るのに出遇《であ》つた。
 矢庭《やには》に引捕《ひつとら》へて官《くわん》に訴《うつた》へると二の句《く》もなく伏罪《ふくざい》したので、石の在所《ありか》も判明《はんめい》した。官吏《やくにん》は直《す》ぐ石を取寄《とりよ》せて一見すると、これ亦た忽《たちま》ち慾心《よくしん》を起《おこ》し、これは官《くわん》に没收《ぼつしう》するぞと嚴《おごそ》かに言《い》ひ渡《わた》した。其處《そこ》で廷丁《てい/\》は石を庫《くら》に入んものと抱《だ》き上《あげ》て二三歩|歩《ある》くや手は滑《すべ》つて石は地《ち》に墮《お》ち、碎《くだ》けて數《すう》十|片《ぺん》になつて了《しま》つた。
 雲飛《うんぴ》の子《こ》は許可《ゆるし》を得て其|片々《へんぺん》を一々《ひとつ/\》拾《ひろ》つて家に持歸《もちかへ》り、再《ふたゝ》び亡父《なきちゝ》の墓《はか》に收《をさ》めたといふことである。

底本:「國木田獨歩全集 第四巻」学習研究社
   1966(昭和41)年2月10日初版発行
入力:小林徹
校正:しず
1999年6月22日公開
2004年7月1日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA