国木田独歩

星——国木田独歩

 都に程《ほど》近き田舎《いなか》に年わかき詩人住みけり。家は小高き丘の麓《ふもと》にありて、その庭は家にふさわしからず広く清き流れ丘の木立《こだ》ちより走り出《い》でてこれを貫き過ぐ。木々は野生《のば》えのままに育ち、春は梅桜乱れ咲き、夏は緑陰深く繁《しげ》りて小川の水も暗く、秋は紅葉《もみじ》の錦《にしき》みごとなり。秋やや老いて凩《こがらし》鳴りそむれば物さびしさ限りなく、冬に入りては木の葉落ち尽くして庭の面《おも》のみ見すかさるる、中にも松杉の類《たぐい》のみは緑に誇る。詩人は朝夕にこの庭を楽しみて暮らしき。
 ある年の冬の初め、この庭の主人《あるじ》は一人《ひとり》の老僕と、朝な朝な箒《ははき》執りて落ち葉はき集め、これを流れ岸の七個所に積み、積みたるままに二十日あまり経《た》ちぬ。霜白く置きそむれば、小川の水の凍るも遠からじと見えたり。かくて日曜日の夕暮れ、詩人外より帰り来たりて、しばしが間庭の中をあなたこなたと歩み、清き声にて歌うは楽しき恋の歌ならめ。この詩人の身うちには年わかき血|温《あたた》かく環《めぐ》りて、冬の夜寒《よさむ》も物の数ならず、何事も楽しくかつ悲しく、悲しくかつ楽し、自ら詩作り、自ら歌い、自ら泣きて楽しめり。
 この夕は空高く晴れて星の光もひときわ鮮《あざ》やかなればにや、夜《よ》に入りてもややしばらくは流れの潯《ほとり》を逍遙《しょうよう》してありしが、ついに老僕をよびて落ち葉つみたる一つへ火を移さしめておのれは内に入りぬ。かくて人々深き眠りに入り夜ふけぬれど、この火のみはよく燃えつ、炎は小川の水にうつり、煙はますぐに立ちのぼりて、杉の叢立《むらだ》つあたりに青煙一抹《せいえんいちまつ》、霧のごとくに重し。
 夜はいよいよふけ、大空と地と次第に相近づけり。星一つ一つ梢《こずえ》に下り、梢の露一つ一つ空に帰らんとす。万籟《ばんらい》寂《せき》として声なく、ただ詩人が庭の煙のみいよいよ高くのぼれり。
 天に年わかき男星《おぼし》女星《めぼし》ありて、相隔つる遠けれど恋路《こいじ》は千万里も一里とて、このふたりいつしか深き愛の夢に入り、夜々の楽しき時を地に下りて享《う》け、あるいは高峰《たかみね》の岩|角《かど》に、あるいは大海原《おおうなばら》の波の上に、あるいは細渓川《ほそたにかわ》の流れの潯《ほとり》に、つきぬ睦語《むつごと》かたり明かし、東雲《しののめ》の空に驚きては天に帰りぬ。
 女星《めぼし》は早くも詩人が庭より立ち上る煙を見つけ、今宵《こよい》はことのほか寒く、天の河《かわ》にも霜降りたれば、かの煙たつ庭に下《お》りて、たき火かきたてて語りてんというに、男星ほほえみつ、相抱《あいいだ》きて煙たどりて音もなく庭に下《くだ》りぬ。女星の額の玉は紅《くれない》の光を射、男星のは水色の光を放てり。天津乙女《あまつおとめ》は恋の香《か》に酔いて力なく男星の肩に依《よ》れり。かくて二人《ふたり》は一山《ひとやま》の落ち葉燃え尽くるまで、つきぬ心を語りて黎明《あけがた》近くなりて西の空遠く帰りぬ。その次の夜もまた詩人は積みし落ち葉の一つを燃《や》かしむれば、男星女星もまた空より下《くだ》りて昨夜のごとく語りき。かくて土曜の夜まで、夜々詩人の庭より煙たち、夜ふくれば水色の光と紅の光と相並びてこの庭に下れど、詩人は少しもこれを知ることなし。
 七つの落ち葉の山、六《む》つまで焼きて土曜日の夜はただ一つを余しぬ。この一つより立つ煙ほそぼそと天にのぼれば、淡紅色《うすくれない》の霞《かすみ》につつまれて乙女《おとめ》の星先に立ち静かに庭に下れり。詩人が庭のたき火も今夜をかぎりなれば残り惜しく二人は語り、さて帰るさ、庭の主人《あるじ》に一語の礼なくてあるべからずと、打ち連れて詩人の室《しつ》に入れば、浮世のほかなる尊き顔の色のわかわかしく、罪なき眠りに入れる詩人が寝顔を二人はしばし見とれぬ。枕辺《まくらべ》近く取り乱しあるは国々の詩集なり。その一つ開きしままに置かれ、西詩《せいし》「わが心|高原《こうげん》にあり」ちょう詩のところ出《い》でてその中の
[#天から1字下げ]『いざさらば雪を戴《いただ》く高峰《たかね》』
なる一句赤き線《すじ》ひかれぬ。乙女の星はこれを見て早くも露の涙うかべ、年わかき君の心のけだかきことよと言い、さて何事か詩人の耳に口寄せて私語《ささや》き、私語《ささや》きおわれば恋人たち相顧みて打ちえみつ、詩人の優しき頬《ほお》にかわるがわる接吻《くちづけ》して、安けく眠りたまえと言い言い出《い》で去りたり。
 あくれば日曜日の朝、詩人は寝《ね》ざめの床に昨夜の夢を想《おも》い起こしぬ。夢に天津乙女《あまつおとめ》の額《ひたえ》に紅《くれない》の星|戴《いただ》けるが現われて、言葉なく打ち招くままに誘われて丘にのぼれば、乙女は寄りそいて私語《ささや》くよう、君は恋を望みたもうか、はた自由を願いたもうかと問うに、自由の血は恋、恋の翼《つばさ》は自由なれば、われその一を欠く事を願わずと答う、乙女ほほえみつ、さればまず君に見するものありと遠く西の空を指《さ》し、よく眼《まなこ》定めて見たまえと言いすてていずこともなく消え失《う》せたり。詩人はこの夢を思い起こすや、跳《は》ね起きて東雲《しののめ》の空ようやく白きに、独《ひと》り家を出《い》で丘に登りぬ。西の空うち見やれば二つの小さき星、ひくく地にたれて薄き光を放てり、しばらくして東の空|金色《こんじき》に染まり、かの星の光|自《おのず》から消えて、地平線の上に現われし連山の影|黛《まゆずみ》のごとく峰々に戴く雪の色は夢よりも淡し、詩人が心は恍惚《こうこつ》の境に鎔《と》け、その目には涙あふれぬ。これ壮年の者ならでは知らぬ涙にて、この涙のむ者は地上にて望むもかいなき自由にあこがる。しかるに壮年の人よりこの涙を誘うもののうちにても、天外にそびゆる高峰《たかね》の雪の淡々《あわあわ》しく恋の夢路を俤《おもかげ》に写したらんごときに若《し》くものあらじ。
 詩人は声はり上げて『わが心高原にあり』をうたい、『いざ去らば雪をいただく高峰』の句に至りて、その声ひときわ高く、その目は遠く連山の方《かた》を見やりて恋うるがごとく、憤るがごとく、肩に垂《た》るる黒髪《こくはつ》風にゆらぎ昇《のぼ》る旭《あさひ》に全身かがやけば、蒼空《あおぞら》をかざして立てる彼が姿はさながら自由の化身とも見えにき。(二十九年十一月作)

底本:「武蔵野」岩波文庫、岩波書店
   1939(昭和14)年2月15日第1刷発行
   1972(昭和47)年8月16日第37刷改版発行
   2002(平成14)年4月5日第77刷発行
底本の親本:「武蔵野」民友社
   1901(明治34)年3月
初出:「国民之友」
   1896(明治29)年12月
入力:土屋隆
校正:蒋龍
2009年3月28日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA