国枝史郎

隠亡堀—– 国枝史郎

       一

「伊右衛門《いえもん》さん、久しぶりで」
 こう云ったのは直助《なおすけ》であった。
 今の商売は鰻掻《うなぎかき》であった。
 昔の商売は薬売であった。
 一名直助|権兵衛《ごんべえ》とも呼ばれた。
「うん、暫く逢わなかったな」
 こう云ったのは伊右衛門であった。
 昔は塩谷家《えんやけ》の家来であった。
 今は無禄の浪人であった。
「考えて見りゃあお前《めえ》さんは、私に執《と》っちゃあ敵《かたき》だね」
 一向敵でも無さそうに、にやにや笑い乍《なが》ら直助は言った。
「洒落《しゃれ》かい、それとも無駄なのか」伊右衛門には興味も無さそうであった。「洒落にしちゃあ恐ろしい不味《まず》い。無駄にしちゃあ……いかにも無駄だ」
「でもね伊右衛門さん、そうじゃあ無いか。私の女房の姉というのは、四谷左門《よつやさもん》の娘お岩《いわ》、その左門とお岩とを、お前さんは文字通り殺したんだからね」
「そうとも文字通り殺したよ。お岩を呉《く》れろと云った所、左門|奴《め》頑固に断わったからな。それで簡単に叩《たた》っ切ったのさ」
「でも何《ど》うしてお岩さん迄?」
「うん、増花《ますはな》が出来たからよ」
「伊藤喜兵衛《いとうきへえ》のお嬢さんが、惚れていたとは聞いていたが」
「お梅《うめ》と云って別嬪《べっぴん》だった」
「お岩さんより可《よ》かったんだね?」
「第一若くて初心《うぶ》だったよ。子を産みそうな女ではなかった。玩具《おもちゃ》のような女だったよ」
「へへえ、そこへ打ち込んだんだね!」
「何しろお岩は古女房、そこへ持って来て子を産みやあがった。どうもね、女は子を産んじゃあ不可《いけ》ねえ。ひどく窶《やつ》れてみっとも[#「みっとも」に傍点]なくなる。肋骨《あばらぼね》などがギロギロする。尤《もっと》も金持の家庭なら、一人ぐらいは可《い》いだろう。産後の肥立が成功すると、体の膏《あぶら》がすっかり脱けて、却って別嬪になるそうだからな。ところが不幸にもあの時分、俺等《おいら》はヤケに貧乏だったものさ」
「でも、殺さずとも可《よ》かったろうに」
「ナーニ、手にかけて殺したんじゃあねえ。変な具合で自殺したんだ。尤も自分で死ななかったら、屹度《きっと》俺は殺したろうよ」
「恨死《うらみじに》に死んだんだね」
「お説の通りだ、恨死に死んだ」
「で、只今はお梅さんと、仲|宜《よ》くおくらしでござんすかえ?」
 直助は古風に冷《ひや》かすように訊いた。
「何さ、お梅も喜兵衛|奴《め》も、婚礼の晩に叩っ切って了《しま》った」
 伊右衛門は斯《こ》う云うと苦笑した。
「お梅は何《ど》うでも可《よ》かったが、持参金だけは欲しかった。伊藤の家庭と来たひにゃあ、時々蔵から小判を出して、錆《さび》を落とさなけりゃあならねえ程、うんとこさ金があったんだからなあ」
「だが何《ど》うして殺したんで?」
「時の機勢《はずみ》という奴さ」伊右衛門はひどく冷淡に「お梅の顔がお岩に見え、喜兵衛の顔が小仏小平《こぼとけこへい》、其奴《そいつ》の顔に見えたのでな、ヒョイと刀を引っこ抜くと、コロコロと首が落ちたってものさ」
「ははあ、其奴ぁお岩さんの怨《うらみ》だ」
「世間でもそんなことを云っていたよ」
「でお前さんは何《ど》う思うので?」
「何《ど》う思うとは何を何《ど》う?」
「幽霊が恐くはありませんかね?」
「それより俺は斯《こ》う云い度《た》いのさ。人間の良心というものは、麻痺させようと思えば麻痺出来るとな」
 鳥渡《ちょっと》直助には解らなかった。
 二人は暫く黙っていた。
 此処《ここ》は砂村《すなむら》隠亡堀であった。
 一所《ひとつところ》に土橋がかかっていた。その下に枯蘆《かれあし》が茂っていた。また一所に樋《ひ》の口があった。枯れた苔《こけ》が食《く》っ付《つ》いていた。
 前方《まえ》はドロンとした堀であった。さあ、確に鰻は居そうだ。
 土手の背後《うしろ》に石地蔵があった。鼻が半分欠けていた。慈悲円満にも見えなかった。
 土手の向うは田圃であった。
 稲村が飛び飛びに立っていた。
 それは曇天の夕暮であった。
 茶がかった[#「がかった」に傍点]渋い風景であった。
 芭蕉《ばしょう》好み、そんな景色だ。
 伊右衛門の前には釣棹《つりざお》が、三本が所下ろされてあった。
 その一本がピクピクと揺れた。
「ああ出来た」
 と直助が云った。
 で、伊右衛門は上げてみた。
 一尾の鯰《なまず》が掛かっていた。
 ポンと畚《びく》へ投げ込んだ。
「ところで何《ど》うだい、お前の方は? お袖《そで》と仲宜く暮らしているのか?」
 伊右衛門は斯う云って覗き込んだ。
「それがね、洵《まこと》に変梃《へんてこ》なんで」
 直助は此処で薄笑いをした。

       

「変梃だって? 何《ど》う変なんだ?」
 伊右衛門は興味を持ったらしい。
「それ、お前《めえ》さんもご存知の通り、お袖《そで》の許婚《いいなずけ》は佐藤与茂七《さとうよもしち》、其奴《そいつ》を私が叩っ切り、敵《かたき》の目付かる其うち中、俺等《おいら》の所へ来るがいいと、斯う云ってお袖を連れて来たんでしょう。ところがお袖|奴《め》真《ま》に受けて、許婚の敵の知れる迄は、私に肌身を許さないそうで」
「やれやれ其奴《そいつ》はお気の毒だ。お前にしては気が長いな」
「短くしてえんだが成りそうもねえ」
「構うものか、腕力でやるさ」
「其奴《そいつ》だけは何《ど》うも出来そうもねえ」
「そりゃあ然《そ》うだろう、惚れてるからな」嘲笑《あざわら》うように鼻を鳴らした。「女を占めようと思ったら、決して此方《こっち》で惚れちゃあ不可《いけ》ねえ」
「お談義かね、面白くもねえ」直助はフイと横を向いた。「惚れねえ前なら其お談義、役に立つかもしれねえが、今の私にゃあ役立たねえね」
「じゃあ最《も》う一つ手段がある」
「へえ、もう一つ、聞かして下せえ」
「好む所に応ずるのよ」
「あっさり[#「あっさり」に傍点]していて解らねえ」
「いいか、お袖へ斯う云うのさ。敵を目付けた其上に、助太刀ぐらいはしてやるから、俺の云うことを聞くがいいとな」
「成程、大きに可《い》いかも知れねえ」
「逆応用という奴《やつ》さ」
「今夜あたり遣《や》っ付《つ》けるか」
「ところで何《ど》うだ、稼業の方は?」
「今年は何うやら鰻|奴《め》が、上方の方へでも引っ越したらしい。何処《どこ》を漁《あさ》っても獲物がねえ」
「じゃあ随分貧的だろう?」
「顔色を見てくれ、艶《つや》があるかね」
「お袖は何うだ? 顔の艶は?」
「それがさ、俺よりもう一つ悪い」
「つまり栄養不良だな」
「商売物だけは食わせられねえ」
「今夜だけ其奴《そいつ》を食わせてやれ」
「え、鰻をかい? 今夜だけね?」
「そうさ、精力が無かったら、色気の方だって起こるめえ」
「うん、こいつぁ金言だ」
「それ、金言という奴は、行う所に値打がある」
「よしよし今夜だけ食わせてやろう」
「そうだ、其処だよ、今夜だけ[#「だけ」に傍点]だ。明日になったら麦飯をやんな」
「麦飯なら毎日食っている」
「おお然《そ》うか、そいつぁ不可《いけ》ねえ。豆腐のから[#「から」に傍点]でも食わせるがいい」伊右衛門は此処でニヤリとした。「一旦手中に入れたからは、女は虐《いじ》めて虐め抜くに限る。そうすると屹度《きっと》従《つ》いて来る。手が弛《ゆる》むと逃げ出すぞ」
「悪にかけちゃあお前《めえ》が上だ」
「天井抜けの不義非道」
「首が飛んでも動いて見せるか」
「なにさ、良心を麻痺させる、だけよ」
 また釣棹が動き出した。
 グイと伊右衛門は引き上げた。
「や、南無三、餌《え》を取られた。……それは然《そ》うとオイ直助、今日は鰻は取れたのか?」
「うんにゃ」
 と直助は首を振った。「店で買って食わせる気だ」
「そんなに金があるのかえ?」
「金はねえが料《しろ》がある」懐中《ふところ》から櫛《くし》を取り出した。「先刻《さっき》下ろした鰻掻、歯先に掛かった黒髪から、こんな鼈甲《べっこう》が現われたってやつさ」
「おや」
 と伊右衛門は眼を見張った。「たしか其奴《そいつ》はお岩の櫛!」
「いけねえいけねえ」と懐中《ふところ》へ隠した。「ふてえ[#「ふてえ」に傍点]分けはご免だよ」
 のい[#「のい」に傍点]と直助は立ち上った。
「それじゃあ旦那、また逢おう」
 愉快な空想に耽り乍《なが》ら、直助は飛ぶように帰って行った。
 夕暮れがヒタヒタと迫って来た。
 遠景が仄《ほのか》に暈《ぼか》された。
 夜と昼との一線が来た。
「どれ棹を上げようかい」
 何か樋の口から流れ出た。
 菰《こも》を冠《かぶ》った板戸であった。
「覚えの杉戸」
 と伊右衛門は云った。
 手を板戸の角《すみ》へかけた。グーッと足下へ引き上げた。
 バラリと菰を刎《は》ね退《の》けた。
 お岩の死骸が其処にあった。
 肉が大方落ちていた。眉間が割れて血が出ていた。片眼が瘤《こぶ》のように膨れ上がっていた。
 と、死骸が物を言った。
「民谷《たみや》の血筋……伊藤喜兵衛が……根葉を枯らして……この身の恨み……」
 伊右衛門は高尚《ノーブル》に反問した。
「ははあ、白《せりふ》は夫《そ》れだけで?」
 お岩の片眼が大きくなった。

       

「もう是《これ》で三回目だ」
 伊右衛門は却って気の毒そうに言った。「実際幽霊というような物も、一回目あたりは恐ろしいよ。二回目となると稀薄になる。三回も出られると笑い度《た》くなる。お岩さん不量見は止《や》めたがいい。四回も出ると張り仆《たお》すぜ。五回出ようものなら見世物にする。……」
 クルリと板戸を翻えした。
 一杯に水藻を冠っていた。
「俺には大概見当が付く、水藻を取ると其下に、小平の死骸があるだろう。生前間男の濡衣《ぬれぎぬ》を着せ、――世間へ見せしめ、二人の死骸、戸板へ打ち付け、水葬礼――ふん、そいつ[#「そいつ」に傍点]にしたんだからなあ。だって小平が宜《よ》くねえからよ。主人の病気を癒《なお》すは可《い》いが、俺の印籠を盗むは悪い」
 ダラダラと水藻を払い落とした。
 果たして小平の死骸があった。
 死骸はカッと眼を剥《む》いた。
「お主《しゅ》の難病……薬下せえ」
「うんにゃ」
 と伊右衛門はかぶり[#「かぶり」に傍点]を振った。
「俺は要求を拒否するよ。俺にだって薬は必要だからな」
 足を上げて板戸を蹴った。
 死骸がバラバラと白骨になった。
「手品としては不味《まず》くない。だがね。恐怖を呼ぼうとするには、もう一段の工夫が入《い》る」
 突然鬼火が燃え上った。
 伊右衛門は刀へ手を掛けた。いやいや抜きはしなかった。
 剛悪振りを見せようとして、グイと落差にした迄であった。
「ふんだん[#「ふんだん」に傍点]に燃やせよ、焼酎火をな」
 非常にゆっくり[#「ゆっくり」に傍点]した足取りで、伊右衛門は町の方へ帰って行った。
 後はシーンと静《しずか》であった。
 と、堀から人声がした。
「伊右衛門は度胸が据わったねえ」
 それは女の声であった。
「困ったものでございます」
 それは男の声であった。
 板戸の上下で話しているらしい。
 お岩と小平の声らしい。
「さあ、是から何《ど》うしよう」
「ああも悪党が徹底しては、どうすることも出来ません」小平の声は寂しそうであった。
「恐がらないとは不思議だねえ」お岩の声も寂しそうであった。
 水面に板戸が浮かんでいた。
 闇が其上を領していた。
 死骸の声は沈黙した。
 手近で鷭《ばん》の羽音がした。
「こうなっちゃあ仕方が無いよ。迚《とて》も無理には嚇《おど》せないからね」お岩の声は憂鬱《ゆううつ》であった。
「あべこべ[#「あべこべ」に傍点]に私達が嚇されます」小平の声も憂鬱であった。
「ねえ小平さん」
 とお岩の声が云った。「もう祟《たた》るのは止めようよ」
「止むを得ませんね、止めましょう」
 お岩の声が恥しそうに云った。
「妾《わたし》、そこでご相談があるの。……濡衣を真実《ほんと》にしましょうよ」
「え」と云った小平の声には、寧《むし》ろ喜びが溢れていた。「あの、それでは、私達二人が」
「そうよ、夫婦になりましょうよ」
「大変結構でございまする」
「これには伊右衛門も驚くだろうね」
「こんな事でもしなかったら、彼奴《あいつ》は吃驚《びっく》りしますまい。……だが最《も》う私達は伊右衛門のことなど、これからは勘定に入れますまい」
 此処で声が一時止んだ。
 骨の軋《きし》む音がした。
 板戸を隔てた二つの死骸がどうやらキッスをしたらしい。
 ユラユラと板戸は動き出した。
「嬉しいのよ、小平さん」
「ああ私も、お岩さん」
 ユラユラと板戸は流れ出した。
 南無幽霊頓生菩提《なむゆうれいとんしょうぼだい》!
 お岩さんとそうして小平さん、
 彼等は正《まさ》しく成仏した。
 下流の方へ流れて行った。
 鬼火だけが燃えていた。
 真暗の夜を青い顔をして、上下左右に躍っていた。
 何を一人で働くのだ。
 消えろ消えろ! とぼけた[#「とぼけた」に傍点]鬼火だ!
 幕の閉じたのを知らないのか。

底本:「怪奇・伝奇時代小説選集2」春陽文庫、春陽堂書店
   1999(平成11)年11月20日第1刷発行
初出:「大衆文藝」
   1926(大正15)年6月
入力:阿和泉拓
校正:noriko saito
2007年11月25日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA