江見水蔭

悪因縁の怨—— 江見水蔭

      

 天保銭《てんぽうせん》の出来た時代と今と比べると、なんでも大変に相違しているが、地理でも非常に変化している。現代で羽田《はねだ》というと直ぐと稲荷《いなり》を説き、蒲田《かまた》から電車で六七分の間に行かれるけれど、天保時代にはとてもそう行かなかった。
 第一、羽田稲荷なんて社《やしろ》は無かった。鈴木新田《すずきしんでん》という土地が開けていなくって、潮の満干のある蘆《あし》の洲《す》に過ぎなかった。
「ええ、羽田へ行って来ました」
「ああ、弁天様《べんてんさま》へ御参詣で」
 羽田の弁天と云ったら当時名高いもので、江戸からテクテク歩き、一日掛りでお参りをしたもの。中には二日掛ったのもある。それは品川《しながわ》の飯盛女《めしもりおんな》に引掛ったので。
 そもそも羽田の弁天の社は、今でこそ普通の平地で、畑の中に詰らなく遺《のこ》っているけれど、天保時代には、要島《かなめじま》という島に成っていて、江戸名所図絵《えどめいしょずえ》を見ても分る。此地眺望最も秀美、東は滄海《そうかい》漫々《まんまん》として、旭日《きょくじつ》の房総《ぼうそう》の山に掛るあり、南は玉川《たまがわ》混々《こんこん》として清流の富峰《ふほう》の雪に映ずるあり、西は海老取川《えびとりがわ》を隔て云々、大層賞めて書いてある。
 この境内の玉川尻に向った方に、葭簀《よしず》張りの茶店があって、肉桂《にっけい》の根や、煎豆や、駄菓子や、大師河原《だいしがわら》の梨の実など並べていた。デブデブ肥満《ふと》った漁師の嬶《かみ》さんが、袖無し襦袢《じゅばん》に腰巻で、それに帯だけを締めていた。今時こんな風俗をしていると警察から注意されるが、その頃は裸体《はだか》の雲助《くもすけ》が天下の大道にゴロゴロしていたのだから、それから見るとなんでも無かった。
「好い景色では無いか」
「左様で御座います。第一、海から来る風の涼しさと云ったら」
 茶店に休んで、青竹の欄干に凭《よ》りながら、紺地に金泥で唐詩を摺《す》った扇子で、海からの風の他に懐中《ふところ》へ風を扇《あお》ぎ入れるのは、月代《さかやき》の痕《あと》の青い、色の白い、若殿風。却々《なかなか》の美男子であった。水浅黄に沢瀉《おもだか》の紋附の帷子《かたびら》、白博多《しろはかた》の帯、透矢《すきや》の羽織は脱いで飛ばぬ様に刀の大を置いて、小と矢立だけは腰にしていた。
 それに対したのが気軽そうな宗匠振《そうじょうぶり》。朽色《くちいろ》の麻の衣服に、黒絽《くろろ》の十徳《じっとく》を、これも脱いで、矢張飛ばぬ様に瓢箪《ひょうたん》を重石《おもし》に据えていた。
「宗匠は、なんでも委《くわ》しいが、チト当社の通《つう》でも並べて聞かしたら如何《どう》かの。その間《うち》には市助《いちすけ》も、なにか肴《さかな》を見附けて参るであろうで……」
「ええ、そもそも羽田の浦を、扇ヶ浜《おうぎがはま》と申しまするで、それで、それ、此地を要島、これは見立で御座いますな。相州《そうしゅう》江《え》の島《しま》の弁財天《べんざいてん》と同体にして、弘法大師《こうぼうだいし》の作とあります。別当は真言宗《しんごんしゅう》にして、金生山《きんしょうざん》龍王密院《りゅうおうみついん》と号し、宝永《ほうえい》八年四月、海誉法印《かいよほういん》の霊夢《れいむ》に由り……」
「宗匠、手帳を出して棒読みは恐れ入る。縁起を記した額面を写し立のホヤホヤでは無いかね」
「実は、その通り」
 他愛の無い事を云っているところへ、茶店の嬶さんが茶を持って来た。
「お暑う御座いますが、お暑い時には、かえってお熱いお茶を召上った方が、かえってお暑う御座いませんで……」
「酷くお暑い尽しの台詞《せりふ》だな。しかし全くその通りだ。熱い茶を暑中に出すなんか、一口に羽田と馬鹿にも出来ないね」
「能《よ》く江戸からお客様が入らッしゃいますで、余《あん》まりトンチキの真似も出来ませんよ」
「それは好いけれど、何かこう、茶菓子になる物は無いかえ。川上になるが、川崎《かわさき》の万年屋《まんねんや》の鶴と亀との米饅頭《よねまんじゅう》くらい取寄せて置いても好い筈だが」
「お客様、御冗談ばかり、あの米饅頭は、おほほほほ。物が違いますよ」
「ははは。羽田なら船《ふな》饅頭だッけなア」

       

 そこへ中間《ちゅうげん》の市助が目笊《めざる》の上に芦の青葉を載せて、急ぎ足で持って来た。ピンピン歩く度に蘆の葉が跳ねていた。
「やア市助どん、御苦労御苦労。何か好い肴が見附かった様だね。蘆の下でピンピン跳ねているのは、なんだろう」と宗匠は立って行った。
「海※[#「魚+喞のつくり」、第3水準1-94-46]《かいず》ですよ。一枚切りですが、滅法威勢が好いので……それから石鰈《いしがれい》が二枚に、舌平目《したびらめ》の小さなのが一枚。車鰕《くるまえび》が二匹、お負けで、二百五十文だてぇますから、三百置いて来たら、喫驚《びっくり》しておりましたよ」
「じゃア丸で只の様なもんだ」
 嬶さんは口を出して。
「あれまア、二百で沢山だよ、百文余計で御座いますよ」
「一貫でも、二貫でも、江戸じゃア高いと云われないよ。何しろこのピンピンしているところを、お嬶さんどうにかして貰えないだろうか」
「一寸|家《うち》まで行って、煮て来ましょうで」
「お前の家まで煮に帰ったのじゃア面白く無い。ここで直ぐ料理に掛けるのが即吟《そくぎん》で、点になるのだ。波の花が有るなら石鰈と舌平目は、塩焼にして、海※[#「魚+喞のつくり」、第3水準1-94-46]《かいず》と鰕を洗いというところだが、水が悪いからブツブツ切りにして、刺身で行くとして、紫は有るまいねえ」
「別当さんのところへ御無心に行って参りましょう」
「そうして貰おう。御前《ごぜん》、愚庵《ぐあん》の板前をまア御覧下さい」
 この宗匠、なんでも心得ている。持参の瓢酒《ひょうしゅ》で即席料理、魚が新鮮だから、非常に美味《うま》い。殊に車鰕の刺身と来たら無類。
「魚は好し、景色は好し、これで弁天様が御出現ましまして、お酌でもして下さると、申分は無いのだが……」と宗匠は早や酔って来た。
「この上申分無しだと、どこまで酔うか分らない。そうしたら江戸まで今日中には帰られまい」と若殿は未だ真面目《まじめ》であった。
 茶店のお嬶はこの時口を出して。
「お客様、羽田には弁天様よりも美しいという評判娘がおりますでねえ」
「へえ、そいつは何よりだ。琵琶の代りに三味線でも引いてくれるかね」と市助も少々酔っていた。
「いえ、そんな意気筋の女では御座いません。船頭の娘ですがね」
「船頭の娘なら、頓兵衛《とんべえ》の内のお船《ふね》じゃア無いか。矢口《やぐち》もここも、一ツ川だが、年代が少し合わないね」と宗匠は混ぜ返した。
「お客様、お酒のお相手にはなりませんが、これから川崎まで船をお仕立てなさいますと、その娘がお供致しますよ」
「女船頭か」
「左様ですよ、大師様へお参りなさるなら、森下《もりした》まで行きます。それから又川崎の渡し場まで入らッしゃるのなら、お待ち申しておりますよ。八町畷《はっちょうなわて》を砂《すな》ッ塵《ぽこり》でお徒歩《ひろい》になりますより、矢張《やっぱり》船を待たして置いてお乗りになれば、この風ですから、帆も利きます、訳無く行って了《しま》いますよ」
「成程なア、それは妙だ」
「川崎の本街道へお出ましになれば、馬でも、駕《かご》でも御自由で……」
 今なら電車も汽車も自動車もと云うところだ。
「いよ、それに限る。それで弁天様よりも美しい娘なんだな」
「左様で御座いますよ。色は少し黒う御座いますがね」
「それはどうも仕方が無い。御前、如何《いかが》です、そう致そうじゃア御座いませんか」
「美人はともかく、船で川崎まで溯《のぼ》るのは思いつきだ。早速、その用意をして貰おう」

       

 お嬶《かみ》が呼びに行ったが、間もなく帰って来て、
「じきに参ります。船をここのすぐ下まで廻させます。お値段のところは、お分りになっている旦那方ですから、わざッと極めて参りませんでしたから、そこは宜しい様に……」
「や、魚の買振りで、すッかり懐中《ふところ》を覗《のぞ》かれたね。その分で茶代もハズムと思っていると大当違《おおあてちが》いだよ」と宗匠は引受けて弁じ立てた。
 そこへ早や一隻の荷足《にた》り船《ぶね》を漕いで、鰕取川《えびとりがわ》の方から、六郷《ろくごう》川尻の方へ廻って来るのが見えた。
「あれだな」と若殿が扇子で指した。
「左様で。あれで御座います、近くなる程綺麗に見えます」
「遠くでも光って見えるね」と又しても宗匠が口を出した。
「あの艪《ろ》を漕ぐ腰ッ振が好う御座いますね」と市助までが黙ってはいなかった。
「あなた方、前以てお断りして置きますが、あれで色気と云ったら些《ちっ》ともありません。冗戯《じょうだん》が執拗《しつこ》いと直き腹を立てまして、なんでも、江戸の鳶《とび》の衆を、船から二三人|櫂《かい》で以て叩き落したと云いますからね。あなた方にそんな事も御座いますまいが、どうかそのおツモリで」
「そいつは大変だ」
「それで気は優しくッて、名代《なだい》の親孝行で御座います」
 そう説明している間《うち》に、早や船は岸のスレスレに青蘆《あおあし》を分けて着いた。
 青い二ツ折の編笠に日を避《よ》けていた。八幡祭《はちまんまつり》の揃いらしい、白地に荒い蛸絞《たこしぼ》りの浴衣に、赤い帯が嬉しかった。それに浅黄の手甲脚半《てっこうきゃはん》、腰蓑《こしみの》を附けたのが滅法好い形。
 だが、肝腎《かんじん》の顔は見え無かった。
「お嬶さん、毎度、お客様を有難う」と船の中から挨拶したその声が又|如何《いか》にも清らであった。
「有難い有難い、これが本統の渡りに舟だ。さア御前、御出立と致しましょう。ここの取りはからいは万事愚庵が致しますから、さアさアお先へお先へ」と宗匠は若殿を押し遣《や》る様にした。
「しからば参ろう、茶店の者、手数《てかず》を掛けたな」
 若殿は羽織を着て、大小を差し直し、雪駄《せった》を穿《は》いて、扇子で日を避《よ》けながら茶店を出た。
「御機嫌よろしゅう」と茶店の女房が送るのを後にして、供の市助と共に川岸に出て、青蘆を分けて船の胴の間に飛ぶと、船は動揺して、浪の音がピタリピタリ。蘆の根の小蟹《こがに》は驚いて、穴に避《に》げ入るのも面白かった。
 その船を岸から離れぬ様に櫂で突張っている女船頭は、客人が武家なので、編笠を冠っていては失礼と、この時すでに取っていたので、能くその顔は武家の眼に入った。
 成程、弁天様より美しい。色は浜風に少しは焼けているが、それでも生地は白いと見えて、浴衣の合せ目からチラと見える胸元は、磨ける白玉の艶《つや》あるに似たり。それに髪の濃いのが、一入《ひとしお》女振を上げて見せて、無雑作の櫛巻《くしまき》が、勿体《もったい》無いのであった。
 若殿は恍惚《うっとり》として、見惚《みと》れて、蓙《ござ》の上に敷いてある座蒲団《ざぶとん》に、坐る事さえ忘れていた。
 そこへ、梨の実を手拭に包んで片手に持ち、残る片手に空の瓢箪を持って、宗匠も乗込んで来た。
「惜しい事をしましたね。こうと寸法が初めから極っていたら、酒肴《さけさかな》は船の中で開くんでしたね。美しい姐《ねえ》さんに船を漕いで貰う、お酌もして貰う、両天秤を掛けるところを、肴は骨までしゃぶッて、瓢箪は一滴を留《とど》めずは情け無い。と云って、羽田の悪酒を詰めるでもありませんから、船中では有《あり》の実《み》でも噛《かじ》りましょう。食いさしを川の中へ捨てると、蝕歯《むしば》の痛みが留《とま》る呪法《まじない》でね」
 一番酔っているだけに、一番又能く喋《しゃべ》っていた。
「お客様、もう出しますよ」と女船頭の声。

       

「どうも万事がトントン拍子、この風に白帆を張って川上に遡《のぼ》るのは、なんとも云えませんな。おやおや、弁天様のお宮の屋根が蘆の穂のスレスレに隠れて、あの松林よりも澪《みお》の棒杭の方が高く見えますな。おや川尻は、さすがに浪が荒い、上総《かずさ》の山の頂きを見せつ隠しつは妙々。姐さん、木更津《きさらづ》はどっちの見当かね」と宗匠は相変らず能く喋《しゃ》べった。
「木更津は巳《み》の方角ですから、ちょうどこうした見当で御座います。海上九里と申しますが、風次第でじきに行かれます」と娘は手甲に日を受けながら指示《さししめ》した。
 中間《ちゅうげん》の市助は艫《とも》の方に控えながら。
「宗匠、後ばかり見ねえで、まア先手《さきて》の川上をお見なせえ。羽田の漁師町も川の方から見ると綺麗だ。それに餓鬼《がき》どもが飛込んで泳いでるのが面白い」
「先の方を見ると、大師様の御堂の御屋根が見えるくらいで、何んの変哲もないが、後の方をこうして振向いていると、弁天様の松林が、段々沈んで行くのが見えて嬉しい」
「なに、生きた弁天様のお顔が拝みたいのでしょう」
「実は金星、大当りだ。はははは」
 二人が他愛も無い事を云って笑い騒ぐのに、若殿のみは一人沈黙して、張切った帆の面をただ見詰めていた。その帆の破れ目から、梶座《かじざ》にいる娘の顔を、ただ一心に凝視《みつ》めていた。
 宗匠が持込んだ梨の実と空瓢箪とが、船のゆれに連れてゴロゴロ転がって、鉢合せをするのを、誰も気が着かなかった。
 だが、帆の破れ目からチラチラ見るくらいでは物足りぬ。傍近《そばちか》く見もし又語りもしたいので。
「宗匠、この胴の間は乗心地は好いに違いないが、西日が当ってイケない。同じくは艫の方へ移って帆を自然と日避けにしたいものだが」と若殿は云い出した。
「なる程、それが宜しゅう御座いましょう。さアこちらへ……こうなると市助どん、お前は邪魔だから、舳《へさき》の方へ行っていなさい」
 中間こそ好い面の皮。
「ねえ、御前、故人の句に御座いますね。涼しさや帆に船頭の散らし髪。これはしかし、千石船か何かで、野郎の船頭を詠んだので御座いましょうが、川船の女船頭が、梶座に腰を掛けているのに、後から風が吹いて、アレあの様に乱《ほつ》れ毛《げ》が頬に掛るところは、なんとも云えませんな。そこで、涼しさや頬に女船頭の乱れ髪。はははは字余りや字足らずは、きっと後世に流行《はや》りますぜ」
 相変らず宗匠、駄弁を弄《ろう》している間に、酔が好い心持に廻ったと見えて、コクリコクリ。後《のち》には胴の間へ行って到頭横になって了《しま》った。
 宗匠の坊主頭と、梨の実と、空瓢箪と、眉間尺《みけんじゃく》の三ツ巴。コツンコツンを盛んにやったが、なかなかに覚めなかった。
 市助も舳で好い心持に寝て了った。
 若殿と女船頭とただ二人だけ起きているのが、どちらからも口を利かないから、静かなものだ。
 蘆間の仰々子《ぎょうぎょうし》もこの頃では大分鳴きつかれていた。
「姐さん……」
「はい……」
「お前の名は何んと申すか」
「……玉《たま》と申しますよ」
「お玉だね……玉川の川尻でお玉とは好い名だね。大層お前は親孝行だそうだね」
「いいえ……嘘で御座いますよ」
「両親は揃っているのかい」
「いいえ、母親ばかりで御座います」
「それは心細いね。大事にするが好い」
「まア出来るだけ、楽をさしたいと思いますが……餌掘りや海苔《のり》拾い、貝を取るのは季節が御座いますでね、稼ぎは知れたもので御座います」
「でも、こうして船を頼む人が多かろうから……」
「いいえ、偶《たま》にで御座いますよ。日に一度|宛《ずつ》お供が出来ますと好いのですが、月の内には数える程しか御座いませんよ」
「それでは困るねえ、早く婿《むこ》でも取らなくッちゃア……」
「あら、婿なんて……」
「だッて、一生独身で暮らされもしなかろう」
「それはそうで御座いますが、私、江戸へ出て、奉公でもしたいと思っております」
「奉公は好いな。どうだな、武家奉公をする気は無いかな」
「私の様な者、とても御武家様へはねえ……こちらで置いて頂きたくッても、先方様《さきさま》でねえ」
「いいや、そうで無いよ。お前の様な美顔《きりょう》で、心立《こころだて》の好い者は、どのくらい武家の方で満足に思うか分らない」
「おほほほは、お客様、お弄《なぶ》りなさいますな」
「いや、本統《ほんとう》だよ、奉公どころか、嫁に欲しいと望む人も出て来るよ」
「おほほほは、私、羽田の漁師を亭主に持とうとも思いませんが、御武家様へ縁附こうなんて、第一身分が違いますでねえ」
「身分なんて、どうにでもなるもんだよ。仮親さえ拵《こしら》えればね」
「……ですが……私はとても、そんな出世の出来る者では御座いません」と急にお玉は打萎《うちしお》れた。
 若殿の心の帆は張切って来た。
「いや、そんな事はどうにでもなるんだよ。とにかく、どうだね、身が屋敷へ腰元奉公に来る気は無いか」
「えッ、御前の御屋敷へ?」
 とんと洲へ船を乗上げた。話に実が入って梶を取損《とりそこな》ったからであった。
 市助まず喫驚《びっくり》して飛起きると、舳を蘆間に突込んだ拍子《ひょうし》に、蘆の穂先で鼻の孔を突かれて。
「はッくしょイ」
 宗匠は又坊主頭を蘆の穂先で撫廻《なでまわ》されて。
「梨の実と間違えて、皮を剥《む》いちゃア困ります」と寝惚《ねぼ》けていた。

       

 やがて船を大師河原の岸に着けた。
「さて、ここが森下というのだね。平間寺《へいけんじ》へ御参詣、厄除《やくよけ》の御守を頂きにはぜひ上陸|然《しか》るべし。それから又この船で川崎の渡場まで参りましょう」と宗匠はさきに身支度した。
 中間市助は、早や岸に飛んで、そこに主人の雪駄《せった》を揃えていた。
 それで未だ若殿は立上りそうも無いのであった。
「痛ッ、痛ッ、どうも腹痛で……」と突然言い出した。
「えッ、御腹痛、それには幸い、大森で求めた和中散《わちゅうさん》を、一服召上ると、立地《たちどころ》に本腹《ほんぷく》致しまする」と宗匠、心配した。
「いや、大した事でも無い。少しの間《うち》、休息致しておれば、じき平癒致そうで……どうか身に構わず行って下さい」
「でも、御前《ごぜん》がお出《い》でが無いのに、我々で参詣しても一向|興《きょう》が御座いませんから……」
「いや、遊びの心で参詣ではあるまい。大師信心……どうか拙者《せっしゃ》の代参として、二人で行って貰いたい」
 中間市助、宗匠の袖を引いて。
「それ、御代参で御座いますよ。宗匠、分りましたか。二人は御代参……ね、厄除の御守りを頂くので御座いますよ」と目顔《めがお》で注意を加えた。
「な、な、な、なる程、や、確かに二人で代参致しましょう。厄除けでげす、女難除けが第一で。へへへへ、急いでゆッくり、お参りをして戻りましょう」と宗匠呑込んだとなると、無闇に呑込んで了うのであった。
 市助と連立って畑の中を大師の方へと行って了った。今ではこの辺、人目が多い。第一に、工場が建って、岸に添うて人家もあれば、運送船も多く繋《かか》っているが、その頃の寂しさと云ったら無いのであった。それに、川筋も多少違い、蘆荻《ろてき》の繁茂も非常であった。
 女船頭のお玉は心配して。
「旦那様、酷《ひど》くお腹《なか》が痛みますなら、冷えると余計悪くなりますので、河原の石でも焼いて、間に合せの温石《おんじゃく》でもお当てなさいますか」と親切は面《おもて》に現われた。
「いや、それ程でも無い。少しここで休んでいたら、納まりそうだが、帆を下して了ったので、日避けが無くなった。どこか日蔭へ船を廻して貰いたいな」
「それでは、中洲の蘆の間が好う御座います。洲の中には船路《ふなみち》が掘込んで御座いますから、ズッと中まで入れますで」
「だと、人も船も蘆の間に隠れて了うのだね」
「左様で御座いますよ」
「それは好い隠家《かくれが》だ。早速そこへ船を廻して貰いたいな」
 岸から船を離して艪を漕いで中洲の蘆間に入ったのを、誰も見ている者は無かったが、喫驚《びっくり》したのは葭原雀《よしきり》で、パッタリ、鳴く音を留めて了った。
 中洲の掘割の水筋に、船は入って見えなくはなったが、その過ぎるところの蘆の穂が、次ぎから次ぎと動揺しているのだけは見えていた。
 その留《とま》ったところに、船は繋《かか》ったのであろう。葭原雀は又しても囀《さえず》り出した。
 海の方からして、真黒な雲が出て来たと思うと、早手《はやて》の風が吹起って、川浪も立てば、穂波も立ち、見る見る昼も夜の如く暗くなって、大夕立、大|雷鳴《かみなり》。川上の矢口の渡で新田義興《にったよしおき》の亡霊が、江戸遠江守《えどとおとうみのかみ》を震死《しんし》せしめた、その大雷雨の時もかくやと思わしめた。

       

「仏罰恐るべし恐るべし。女難除けの御守を代参で受け様なんて、御前の心得方が違っているので、忽《たちま》ちこの大夕立だ。田を三廻りの神ならばどころでないね。しかし我々は百姓|家《や》に飛込んで、雨宿りは出来た様なものの船ではどうも仕様が無かったろう」と宗匠は雪駄を市助に持って貰い、脱いだ足袋を自分で持って、裾をからげながら田甫路《たんぼみち》を歩いた。
「どうせお旦那《だんな》はお濡《ぬ》れなさいましたよ。どうしても清元《きよもと》の出語《でがた》りでね、役者がこちとらと違って、両方とも好う御座いまさア」と市助も跣足《はだし》で夕立後の道悪《みちわる》を歩いて行った。
「よもや、鳶の者の二の舞はなされまい。何しろ御旗本でも御裕福な六浦琴之丞《むつうらきんのじょう》様。先殿の御役目が好かッたので、八万騎の中でも大パリパリ……だが、これが悪縁になってくれなければ好いが、少々心配だて」
「宗匠、大層、月並の事を仰有《おっしゃ》いますね」
「何が月並だよ」
「だって、吉《よ》かれ凶《あ》しかれ事件《こと》さえ起れば、あなたの懐中《ふところ》へお宝は流れ込むんで」
「金星、大当りだ。はははは」
 笑いながら土手の上に出て見ると、そこには船は見えなかった。
「おや、今の夕立で船が沈んだか。それとも雷鳴《かみなり》が落ちて、微塵《みじん》になったか」
「そんな事はありませんや。どこかへ交《かわ》しているんでしょう。なにしろ呼んで見ましょう」
「なんと云って呼ぶかね。羽田の弁天娘のお玉の船やアーい、か」
 二人が土手で騒いでいる声を聴いて、中洲の蘆間を分けて出て来たのは、苫《とま》の代りに帆で屋根を張った荷足り船で、艪を漕いでいるのは、弁天娘のお玉だが、若殿六浦琴之丞の姿は見えなかった。
「宗匠、いよいよ遣《や》られましたぜ。鳶の者が櫂で叩落されたと同じ様に、御前も川へドブンですぜ。肱鉄砲《ひじでっぽう》だけなら好いが、水鉄砲まで食わされては溜《たま》りませんな」
「そんな事かも知れない。若殿の姿が見えないのだからな」
「こうなると主人の敵《かたき》だから、打棄《うっちゃ》っては置かれない。宗匠も助太刀に出て下さい」
「女ながらも強そうだ。返り討は下さらないね」
 そう云っているところへ、船は段々近寄って来た。
「娘の髪が余りキチンとしていますぜ。些《ちっ》とも乱れていませんが、能く蘆の間で引懸《ひっかか》らなかッたもので」
「巻直したのだろう」
「濡れていませんぜ」
「当前《あたりまえ》さ、帆で屋根が張ってあるから大丈夫だ」
「おやおや、帆屋根の下に屍骸《しがい》がある。若殿が殺されていますぜ」
「なに、寝ていらッしゃるんだろう」
 六浦琴之丞、起上って極り悪るそうに、帆の下から顔を出して。
「えらい夕立だッたね」
 こちらの二人は顔を見合せて。
「まア好かッた。しかし、顔色がお悪いね。未だ御腹痛かも知れない」
「腹痛に雷鳴に女船頭、三題|噺《ばなし》ですね」と囁《ささや》き合った。

       

 秋晴の気も爽やかなる日に、羽田要島の弁天社内、例の茶店へ入来《いりきた》ったのは、俳諧の宗匠、一水舎半丘《いっすいしゃはんきゅう》。
「お嬶《かみ》さん、いつぞやは世話になった」と裾の塵を払いながら、床几《しょうぎ》に腰を掛けた。
「おや、今日は御一人で御座いますか。この夏には余分にお茶代を頂きまして……」と嬶さんは世辞《せじ》が好い。
「や、お嬶さん、今日は一人で来たけれど、お茶代はズッと張込むよ。小判一枚、投げ出すよ」
「へへへへ、どうか沢山お置き下さいまし」
「いや、冗談じゃア無い、真剣なんだ。その代り悉皆《すっかり》こっちの味方になって、大働きに働いて貰わなければならないんだがね」
「へえ、お宝になる事なら、どんなにでも働きます」
「実は、例の羽田の弁天娘、女船頭のお玉に就いてな」
「分りましたよ。どうもそんな事だろうとこの間|内《うち》から察しておりましたよ。お玉坊がブラブラ病。時々それでも私のところへだけは出て来ましてね。この間の御武家様は、未だ入らッしゃらないかッて、私を責めるんですから困って了います」
「お玉坊がブラブラ病とは不思議だね。実はこちらでも若殿がブラブラ病。ブラとブラとの鉢合せでは提灯屋《ちょうちんや》の店へ颶風《はやて》が吹込んだ様なものだ」
「なんですか知りませんが、あれは本物で御座いますよ。初めて男の優しさを知ったので御座いますからね。でもお玉が惚《ほ》れるのも道理で御座いますよ。あんな立派な殿様は、羽田の漁師町にはありませんからね」
「それは無いに極っている」
「似合の二人、どうにかして夫婦にして遣りたいと思いますが、何分にも身分が身分ですからね」
「それなんだ。そこがどうにも行悩みだが、御隠居《ごいんきょ》奥様も大層《たいそう》物のお分りになった方だし、御親類内にも捌《さば》けた方が多いので、そんな訳なら、とにかく、屋敷へ呼寄せたい。母親の生活《くらし》は又どうにでもしてやると、親元には相当の人を立て、そこから改めて嫁入り……と、まア、そこまで行かない分が、二千八百石御旗本の御側女《おそばめ》になら、今日が今日にでも成られるので、支度料の二百両、重いけれど愚庵は、これ、ここに入れて来ているのだがね」
「それはどうも有難う御座います」
「待ってくれ、礼には早い」
「左様ですか」
「若い同士二人でモヤモヤしている間《うち》は、顔が美しくッて、気立が優しくッて、他に浮気もせず、殿を大事にさえしておれば、好いに相違無いが、いずれは二人の間に、子宝が出来ると考えなければならない」
「それはそうで御座いますよ。あの娘は、六人や七人は大丈夫産みますね」
「その時にだ、能《よ》くある奴《やつ》、元の身分を洗って見ると、一件だッてね」
「一件?」
「一件で無いにしたところで、癩病《なりんぼう》の筋なんか全く困る」
「それはそうで御座いますねえ」
「どうも世継の若様が眉毛が無くッては、二千八百石は譲られない」
 家の相続、系統上の心配は、現代の我々が想像出来ない程昔は苦労にしたもので、断家《だんけ》という事は非常に恐れていた時代だから、血統に注意するのは無理では無かった。
「そこで、念には念を入れて、身元を洗って来てくれ。これは金銭に換えられぬ家の一大事だからと、御隠居奥様から、入用として別に頂いて来ているので、それを残らずお前に上げては、愚庵も困る。そこで、お嬶さん、何もかも打明けての話なんだ。お前を味方と抱き込んでの話なんだ」
「へえへえ、いくらでも抱き込まれますよ」
「そんなに傍へ寄って来なくッても好い。そこでお嬶さん、愚庵の立前《たちまえ》を引いて、お前さんに、小判で十両上げよう」
「小判十両! 結構で御座います」
「まアお待ちよ。この十両はだね、この十両は巧く話が纏《まと》まったら、御礼として上げるのだよ」
「だと、話が纏まらない時は、頂け無いのですか」
「そこだよ。愚庵も江戸ッ子だ。話がバレたとしても十両上げるよ」
「だと、お玉坊の本統の身元を申上げて、それが為にバレになりましても、十両……」
「その代り、話が纏まっても十両、どっちへ転んでも十両で、お前に損は無いのだから、本統の事さえ教えて貰えば好いのだよ。嘘偽《うそいつわ》りを教えられたのでは後日になって、愚庵が申分けが無い。申分けが無いとなると、切腹するより他には無いのだが、同じ死ぬのならお前のドテッ腹へ風穴を穿《あ》けて、屍骸が痩《や》せるまで血を流さした上で、覚悟をする」
「いえ、正直のところを申しますよ。決して嘘偽りは申しません。本統の事を申しますよ」

       

「さア、それでは、小判で十枚……その代り茶代に一両置くと云ったのは取消すよ」と一水舎半丘、なかなかズルイ。
「ええ、もう沢山で御座います。十両の金は我々に取っては大変な物で御座いますよ。早速|亭主《うち》の野郎に見せて腰を抜かさして遣ります」と嬶さんは急いで小判を納《しま》い出した。
「そこでどうだい、一件の家筋、非人の家筋という心配は無いかね」
「そんな事は御座いませんよ。一件でも非人でも、そんな気は些《ちっ》ともありませんから、その方は請合《うけあい》ます」
「やれ、それで一安心。そこで、肝腎の血の筋だ。癩病《なりんぼう》の方はどうだね」
「その方は大丈夫です。あの家には昔から悪い病のあったという事を聞きません。あの家に限らず羽田には、そんな血筋は無い様で……私だッて大丈夫で」
「分った分った、それならもう心配する事は無い」
「それがね、ただ一ツ御座いましてね。いえ、隠しても直ぐ分る事で御座いますから、あの娘に取ってはまことに気の毒ですが、余り知れ切った話ですからね、申しますがね」
「ふむ、なんだい、どんな曰《いわ》くが有るんだね」
「あの娘の父親《てておや》は、名代の海賊で御座いました」
「えッ、海賊?」
「竜神松五郎《りゅうじんまつごろう》と云って、遠州灘《えんしゅうなだ》から相模灘《さがみなだ》、江戸の海へも乗り廻して、大きな仕事をしていましたよ」
「おう、竜神松五郎と云ったら、和蘭船《おらんだぶね》の帆の張り方を知って、どんな逆の風でも船を走らして、出没自在の海賊の棟梁《とうりょう》、なんでも八丈島《はちじょうじま》沖の無人島で、黒船と取引もしていたッてえ、あ、あ、あの松五郎の娘……あの松五郎の娘が、お玉だッたか」
「それで御座いますよ。その松五郎も運の尽きで、二百十日の夜に浦賀《うらが》の船番所の前を乗切る時、莨《たばこ》の火を見られて、船が通ると感附かれて、木更津沖で追詰められて、到頭子分達は召捕りになりましたが、松五郎ばかりは五十貫もある異国の大|錨《いかり》を身に巻附けて、海へ飛込んで死んで了いましたので、未だその他に同累《どうるい》も御座いましたのですが、それはお調べにならないで了ったそうで……」
「竜神松五郎の娘。嗚呼《ああ》、あのお玉が海賊の娘かい……どうもこれは飛んでも無い事が出来て了った」
「ねえ、先生、それはそうで御座いますが、どうにかそこがならない者で御座いましょうか。父親《てておや》は海賊でも、母親は善人で御座いましてね、それにあの通り娘は出来が好いので御座いますから、これは私の慾得《よくとく》を離れて、どうにか纏めて遣りたいもので御座いますが……」
「それがどうもそう行かない。や、行かない訳が有るんだ。なるべくなら愚庵も纏めて遺りたい。又六浦家の方でも、ナニ海賊なら大仕掛で、同じ泥棒でも好いよと、マサカ仰有《おっしゃ》りもしないが、そう仰有ったところで、娘の方で承知出来ない」
「へえ、それはどういう訳で御座いますか」
「その海賊竜神松五郎を退治《たいじ》た浦賀奉行は、六浦の御先代、和泉守友純《いずみのかみともずみ》様だ」
「えッ」
「琴之丞様の父上が御指揮で、海賊船を木更津沖まで追詰めて、竜神松五郎に自滅をおさせなさったので、それが為に五百石の御加増まで頂いていらッしゃるので、お玉の父の敵は琴之丞様の御父上、敵同士の悪縁だから、纏まりッこは無い」
「なる程、それじゃア夫婦にはなれませんや」
 悪縁というのは正しくこれだ。今の若い人の考えで見ると、恋愛は神聖だ。親と親とが、どんな関係だろうが、子は子で又別の者だ。互いに愛し合っているのに不思議は無い。早速自由結婚をしよう、戸籍面なんかどうでも好いという風に、ドシドシ新解釈で運んで了うが、天保時代にはとてもそうは行かなかった。
 金儲けになる事だから、どうにかして纏めたいと考えたのだが、こればかりはどうにもならぬので、宗匠と茶店の嬶さんと顔を見合せて、溜息を吐《つ》くばかり。
 此時、葭簀《よしず》の陰で、不意に女の泣声がした。喫驚《びっくり》して見ると、それはお玉。
「まアお玉さん、聴いていたかい。まア能く三人で相談を仕直すから、こちらへお出《い》で」と、嬶さんが云うのも肯《き》かず、そのまま走り出した。
「や、飛んだ事になったね。早く行って留めなければ身を投げて死ぬかも知れないね」と半丘も顔色を変えた。
「なに、泳ぎが出来るから、身は投げませんよ。投げても浮いて死なれやアしません」
 これは道理《もっとも》だ。

       

 一水舎半丘の報告は、どの位琴之丞をして失望せしめたか分らなかった。病気は益々悪くなって来た。六浦家の後室《こうしつ》始め、一門の心配は一通《ひととお》りではなくなった。
「どうも半丘宗匠の取調べが物足りねえ様に私は考えます。なる程お玉という娘の父親は竜神松五郎という海賊かも知れませんが、そんな奴には種々《いろいろ》又|魂胆《こんたん》がありまして、人の知らねえ機関《からくり》も御座いますから、再調《さいしら》べの役目を私奴《わたくしめ》にお云附《いいつ》け下せえまし」と中間市助が願い出た。
「なる程、それはそうだ。ではも一度調べて見てくれないか」
 こいつも運動費をウンと貰って、飛出して行った。他へは行こう筈がない。矢張《やはり》弁天社内の茶店であった。
「おや入《い》らッしゃいまし。どうも飛んだ事で御座いましたねえ」と嬶《かみ》さん未だに以て、ガッカリしていた。
「お嬶さん、今度は私が調べに来たんだ。礼はウンと出すよ。宗匠は何程出したか知らねえが、この市助はケチな上前なんか跳ねやアしねえ。五十両出すよ、五十両」
「それがねえ、五十両が百両お出しになりましても、いけないので御座いますよ」
「いけねえのは分っているが、そこを活《い》かすのが市助の智謀なんだ。お前にしろ、宗匠にしろ、正直だからいけねえのだ。俺に法を書かせるとこういう筋にするんだ。好いかい、先ず羽田で一番慾張りで年を取った者を味方に附けるんだ。その年寄にお玉の素姓を問合せて見たところが、その年寄の云うのには、あれは松五郎の実の娘では御座いません。これには一条の物語が御座いますと云わせるんだ」
「ああそんな役廻りなら、宅の隠居をお遣い下さいまし。慾張りでは羽田一番ですから」
「そこで、その一条の物語というのを書卸すのだがね。竜神松五郎が房州沖で、江戸へ行く客船を脅《おびや》かして、乗組《のりくみ》残らず叩殺《たたきころ》したが、中に未だ産れ立の赤ン坊がいた。松五郎の様な悪人でも、ちょうど自分の女房が産をする頃なので、まア、それに引かされて連れて帰って見ると、自分の子は死んで産れたところで……これこそ虫が知らせたので、ちょうど好い。産婦に血を上《あが》らしてはいけねえと、連れて来た赤ン坊を今産れたと偽る様に産婆と腹を合せてその場を繕《つくろ》ったのが今のお玉。実のお母親《ふくろ》の気でいても全くは他人、この魂胆を知っているのは松五郎の生前に聴いた俺《おれ》ばかりだ……とお前のところの隠居に云わせるのだ」
「お前さんは実に偉い。智慧者《ちえしゃ》だねえ。そうすればお玉さんは松五郎の子で無いのだから、敵《かたき》同士の悪縁という方は消えて了うね」
「そうだよ。それで双方申分が立つてえものだ。なアにどっちからも惚《ほ》れ合っているのだから、こいつは少々怪しいと思っても、筋さえ立っている分には、それで通して了おうじゃアねえか。人間このくらいな細工をするのは仕方がねえよ。嘘も方便で、仏様でも神様でも、大目に見て下さろうじゃアねえか」
「では早速そういう事に取掛るに就ては、内の老爺《おやじ》をここへ呼んで来ますよ」
「その序《つい》でにお玉坊のところへも一寸《ちょっと》立寄って、悪い様にはしねえ。近い内に好い便りを聴かせるから、楽しみにして待っていねえと、そう云って喜ばして置くが好いぜ」
「ああそうしましょう」
「留守の間《うち》に店の菓子を片っ端から食べるが好いかい」
「好いどころじゃア無い、前祝いに一升|提《さ》げて来ますよ」
「有難い。魚は海※[#「魚+喞のつくり」、第3水準1-94-46]《かいず》も結構だッたが、子持の蟹が有ったら二三バイ頼むぜ」
「好う御座んす。探して来ましょう」
 慾に目の眩《くら》んだ茶店の嬶さんは、駈出して行った。
「これせえ纏まれア、御主人もお喜び。お玉坊だッて喜び、俺達も甘え汁が吸えるというものだ。我ながら好い智慧を出したものだ」
 市助はもう物になった了簡。煎豆をポリポリ噛《かじ》って待っているところへ、顔色を変えて嬶さんが戻って来た。
「どうしたい」
「大変です」
「何が大変だ」
「死にましたよ」
「お前の老爺《おやじ》が死んだのか」
「なアに、家の老爺はピンピンしていますが、大事なお玉さんが血を吐いて死にましたよ」
「えッお玉坊が死んだ?」
 血を吐いて死んだというのは肺病であったかも知れぬ。肺病なら矢張今日では癩病《らいびょう》に次いで嫌われるのだが、その頃には一向問題にしていなかった。
「一足違いだッた。その事を聴かしたら病気も快《よ》くなって、死なずに出世も出来たろうのに……」
 慾は慾として、あわれ薄命なお玉の為に茶店のお嬶は泣いた。市助も泣いた。
 海賊の娘は遂に旗本の奥方になり得ずして死んだ。
 その墓は、朗羽山《ろううざん》長照寺《ちょうしょうじ》内に建てられた。六浦琴之丞は、一水舎宗匠及び市助と共に、一度墓参に来たが、間もなく又琴之丞も吐血して死んで、六浦の家は断絶して了った。琴之丞の肺病がお玉に感染したのか、お玉の方にその気があって感染したのか、そこは不明。
 六郷川の中洲の蘆間にただ一度の契《ちぎ》りから、海賊の娘と旗本の若殿との間に、業病《ごうびょう》の感染。悪因縁《あくいんねん》の怨《うらみ》は今も仰々子《ぎょうぎょうし》が語り伝えている。

底本:「怪奇・伝奇時代小説選集5 北斎と幽霊 他9編」春陽文庫、春陽堂書店
   2000(平成12)年2月20日第1刷発行
底本の親本:「現代大衆文學全集2」平凡社
   1928(昭和3)年
※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。
入力:岡山勝美
校正:門田裕志
2006年9月22日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA