宮原晃一郎

蛇いちご —–宮原晃一郎

 林の中に行つてみると、紅のいろをした美しい蛇《へび》いちごが生《な》つてをります。
「蛇いちごを食べてはいけないよ。あれは毒ですからね。あれを食べると、体は溶けて水になつてしまひますよ。」
 お母さん達《たち》はかう子供に教へます。恐しい毒な蛇いちご、みかけは大変美しくて、人の体をとかしてしまふ蛇いちご。本当にさうなんでせうか? 私《わたし》は知りません。けれどもこんな話がつたはつてをるのです。

 日本のずうつと西の端《はて》の或国《あるくに》では、氏神といつて、どこの家《うち》でも、先祖代々自分だけの神様を祀《まつ》つてをります。その祭礼は十一月で、一年に一度|神職《かんぬし》をよんで、神棚《かみだな》に七五三《しめ》繩を張り、御《お》燈明をつけて、祝詞《のりと》をあげて貰《もら》ひます。そして親類の者や、近所の人達を呼んで御馳走《ごちそう》を致します。子供達は甘酒や御赤飯がふるまはれるので、氏神祭りといへば、楽しいものゝ一つです。
 ある時、一人の神主さんがありました。矢張りこのお祀りによばれて方々を祝詞を上げて歩いてをりました。ところが、よばれて行つた先で出す御礼は玄米一升に、一厘銭十三ときまつてをりました。至つて僅《わづ》かなものです。けれども御馳走だけはうんと出ますが、一人で一日四五軒も行くのですから、とても出された御馳走をみんな食べるわけにはいきません、といつて持つて帰ることも出来ないので、大変残念に思つてをりました。
「どうにかして、皆《みんな》でなくても、出されたものを大てい喰《た》べつちまうことはできないかしら?」
 ぼんやりと考へながら、或日神主は、谷の傍《わき》の山道をうろ/\としてゐますと、一|疋《ぴき》の大蛇《だいぢや》が向うへ出てきましたので、びつくりして、そこの岩陰にかくれてをりますと、大蛇は神主のゐることを知らないものゝやうに、大きなお腹《なか》をかゝへて、だるさうにして、谷のふちの辺《あたり》を何やら捜してをりました。神主さんは恐《こは》いけれど、何をするのだらうと、不思議がつて見てをりますと、大蛇はそこにあつたものを何やら二口三口たべて谷へ下りて行きました。神主さんがそつと覗《のぞ》いてみると、大蛇は谷川に下りて行つて、水を飲んでゐるのでした。水を飲み終ると、大蛇は向うの岸に上り、大きな松樹《まつのき》に身を巻きつけ、一つじつと締めると、見る見るうちにお腹《なか》はげつそりと小さくなつて、勢よくどこかへ行つてしまひました。
 神主さんは岩の陰を出て、蛇《へび》が何やら喰べたところへ行つてみますと、そこには美しい蛇いちごが、もう霜にしなびて残つてゐました。神主さんは「しめた。」と、手を拍《う》つて悦《よろこ》びました。それはかういふ話を思ひ出したからでした――
「蛇が腹一ぱいに物を食べると、蛇いちごを食べ、水を飲んで、立木に巻きつく。さうするとお腹《なか》の物はすつかりと消化《こな》れてしまふ。けれども亀《かめ》を呑《の》んだときだけにはそれがきかないさうだ。どういふわけかといふと、亀は堅い甲羅《かふら》を着てゐるから、蛇いちごもきかない。亀は呑まれる直《す》ぐ、首も手足もちゞこめてゐるが、蛇が水を呑むと、元気が出て、お腹《なか》の中で、首や手足を出して荒れまはる。蛇は苦しいから、立木にまきついて締めると、亀はその手足の爪《つめ》で、蛇のお腹《なか》をガサ/\引掻《ひつか》いて、とう/\その腹を裂いて、出てしまふ。」といふ話でした。
「しめた/\。」と、も一度神主さんは叫びました――
「この蛇いちごをもつて行かう。そして祝詞を上げてゐるうちにそれをたべては、水を飲んでをらう。さうしたら直ぐお腹があの蛇のやうにすいて、どこへいつてもありつたけの御馳走がたべられる。」
 神主さんはそこらぢうを捜して、沢山蛇いちごを集めて袂《たもと》に入れて、いそ/\と氏子の家へ行きました。

 さて神主さんは神前に出て、祝詞をあげながら、
「かけまくも畏《かしこ》き……ムニヤ/\、大神《おほがみ》の大前《おほまへ》にムニヤ/\……。」と、ちつとづゝ蛇いちごをたべては、お水をいたゞいてゐますと成程どうも不思議にお腹《なか》がすいて来ます。そして祝詞が終る頃《ころ》にはもう飢《ひも》じくて/\気が遠くなる程になるので、出された御馳走を、まるで餓鬼のやうにがつ/\がぶ/\と喰べたり、飲んだりして、
「マアこれでよろしい。」と、ほく/\悦《よろこ》びながら、二軒三軒と廻《まは》つてあるいてゐるうち、段々と眠たくなつて来ました。
「どうしたものだらう。あんまり喰べ過ぎたせいかしら。」
 神主さんはお腹《なか》のへんをさすつてみますけれど、お腹《なか》はげつそりとしてをります。寧《むし》ろ狼《おほかみ》のやうに腹が背骨にくつゝいてをります。そしてその飢《ひも》じいことゝいつたら、何ぼたべても追ひ付きません。
「神主さんは、御病気ぢやございませんか、大層お顔がお痩《や》せになりましたが。」
 或家《あるいへ》ではかう言はれました。
「いゝえ、どう致しまして。……たゞ余り遠いところを急いでまゐりましたので、お腹《なか》がすいたのです。」
 神主さんは情ない声を出しました。心のうちでは――
「どうやら、これは蛇いちごが利きすぎた。」と、思つてゐますがそんなことは言はれません。
「おや、それぢや何か召上るものをさし上げませう。」
 そこの家《うち》では先づ御馳走から出しましたので、神主さんはがつがつと四人分もたべて、大きなお腹《なか》をかゝへながら、やつこらせと、神前に坐《すわ》つて、ムニヤ/\と祝詞をあげ始めました。
 家《うち》の者どもは神主さんが余りに意地汚く喰べたのに驚いてをりました。
 そのうちに奥の方で祝詞をあげる神主さんの声が段々と低くなつて、とう/\しまひには聞えなくなりましたので、不思議に思つて、そこの奥さんが行つてみました。すると神棚の前には神主の坐つてゐたところに、その衣物《きもの》やら、袴《はかま》やらがあります。それもちやんと人が着てゐたまゝで、丁度その中から身体《からだ》だけを引つこ抜いて取つたやうになつてゐました。変なこともあるものだと、家《うち》の人達《ひとたち》を呼んで、捜してみても神主さんの姿はどこへ行つたか見えません。衣物や袴をといてみますと、そのあとには水が沢山|溜《たま》つてをりました。そして衣物の袂から、蛇いちごが四つ五つ出てきました。そのときそこへ来合せてゐた百姓の十袈裟《とけさ》といふ男がそれを見付けて、かう申しました。
「分りました。神主さんは溶けて水になつてしまつたのです。」
「それはどういふわけです。」と、皆が聞きかへしました。
「御覧なさい。」と、十袈裟は蛇いちごをさして申しました。
「この蛇いちごを神主さんはたべたにちがひありません。私《わたし》が山の畑に行きますと、時々大きなお腹《なか》をした蛇が出て来ます。そして蛇いちごを喰べては水を飲みますと、すぐそのお腹がげつそりと減るのです。神主さんはきつと蛇がさうするところを見て、自分もお腹をすかしては、御馳走を沢山たべてやらうと、きたない心を起したにちがひありません。相憎《あひにく》と蛇がたべればお腹がへるけれど、人間がたべれば、その身体《からだ》までが溶けてしまふのです。なぜかといへば、蛇は人間を呑んだときにも、矢張り蛇いちごを喰べて、それを溶かしてしまふのですからね。」
 そこの人達は成程と思つて、衣物《きもの》と袴とを使にもたせて、そのことを神主さんの家《うち》へ言つてやりました。

底本:「日本児童文学大系 第一一巻」ほるぷ出版
   1978(昭和53)年11月30日初刷発行
底本の親本:「竜宮の犬」赤い鳥社
   1923(大正12)年5月
入力:tatsuki
校正:鈴木厚司
2005年8月21日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA