宮原晃一郎

子良の昇天 —–宮原晃一郎

    一

 むかし三保松原《みほのまつばら》に伯良《はくりやう》といふ漁夫《れふし》がゐました。松原によく天人が遊びに降りてくるのを見て、或日《あるひ》その一人の天《あめ》の羽衣を脱いであつたのをそつと隠しました。天人は天に上る飛行機の用をする羽衣をとられて、仕方なく、地上に止《とど》まつて伯良のおかみさんになりました。此《この》天人が生んだ子は男で子良《しりやう》といふ名でした。
 天人は天に住まうものですから、此《この》地上にゐては外国に来てゐるやうなものでさつぱり面白くありません。間がな隙《すき》がな外に出ては空を眺《なが》めて、嘆いてをります。
「あゝ羽衣があつたら、あの雲の上、あの青い/\空の奥の御殿へ行かれるものを、伯良さんは何処《どこ》に隠したか知ら。」
 伯良の留守を見ては、天人はこつそりと家のうちを捜してみますけれど、羽衣はないのでした。
「あゝ仕方がない。もう死ぬまで漁夫《れうし》の女房で暮らしていくことか。」
 天人は深い/\嘆息《ためいき》を吐《つ》いてをります。

    

 ところが或日《あるひ》のこと、自分の生んだ子の子良《しりやう》が来て、おつ母《か》さんは何《な》ぜいつもそんな不機嫌《ふきげん》な顔をしてゐるのですか、と訊《き》きますから、実は私《わたし》はお隣りの助《すけ》さんや、八さんのおかみさんとはちがつた天人であるから、故郷《ふるさと》の天へ帰りたくてたまらないのでと言つてきかせました。
「さうかい。ぢやお母さんの故郷の天はどんなところかい。海もあるかい、山もあるかい。そして木も生えてゐるかい。魚もとれるかい。」
 子良は十になつてゐましたから、もういろんなことが分るうへ、何でも珍らしいことを見たがり聞きたがりするのでした。
「そんなに一|時《とき》にきいたつてお話は出来ませんよ。妾《わたし》の故郷の天は一口に言へば、あのそれ、時時空に見えるでせう。美しいお城が、あれよ、あの蜃気楼《しんきろう》といふものとよく似てゐるの。」
「ウン、それぢや、僕も行つてみたいな。おつ母《か》さん、僕《ぼく》をつれて行かない、天へ遊びに。」
 天人は悲しさうに頭をふりました。そして天《あめ》の羽衣といふものが無ければいかれない。その羽衣は、伯良《はくりやう》がどこかに隠してゐて、どうしても渡して呉《く》れないから、迚《とて》もその望みをかなへることは出来ないと、言ひました。

    

 それから又《また》三日ばかり経《た》つて、天人が空を眺《なが》めてゐますと、子良《しりやう》がこつそりと来て、その袖《そで》を引いて、囁《ささや》きました。
「あのね、羽衣の在所《ありか》が分つたよ。」
「えつ、本当かい。」
と、母の天人は眼《め》を丸くしました。
「本当とも、けれどもね、僕《ぼく》には取れないところにあるんだ。」
 子良は、今朝お父さんの伯良《はくりやう》が、天井裏にある網を下すとき、小さなつゞらを、一緒におろし、その蓋《ふた》をあけたら美しい着物が出て来たので、何かと訊《き》いてみたら、之《これ》は天《あめ》の羽衣といふものでお母さんがお嫁に着て来た大事なものだ。他人に知れると盗まれるから、誰《たれ》にも言つてはいけないぞと、伯良が言つたのでした。
「あゝ有難い、それでは直《す》ぐそれを着て、天に昇りませう。」
 天人は大喜びで、伯良が沖に漁に出た留守を見はからひ、そのつづらの中から天の羽衣を出して、着ました。さて子良を背《せな》におぶつて、天へヒラ/\/\と昇らうとしました。ところがドツコイそんなうまいことは出来ません。如何《いか》に昇らうとしても、身体《からだ》がちつとも浮かないのです。
「ハア悲しい。困つた。」
と、天人は目に涙をためて、口惜《くや》しがりました。
「子良や迚《とて》も此《この》羽衣だけではお前までつれて昇る力がありません、お前は此地《このち》にピツタリとくつついて離れることの出来ない人間の血をうけてゐるから、なかなか重たくて迚もダメです。」
「ではおつ母《か》さん、僕《ぼく》つれていかないの。どうしてもいけない?」
「ダメ/\、あとで、また何とかしませう。今はダメ。誰かに見付かつて、又羽衣をとられるといけないから、お母さんは直ぐ帰ります。待つておいで、左様なら、左様なら!」
 天人は子良が自分を慕つて泣くのに引かされ、自分も涙を流しましたが、故郷《ふるさと》へ帰りたい一念は押へきれず、只《ただ》ひとり、ヒラリ/\と天をさして昇りました。

    

 昨日と経《た》ち今日と過ぎ、忽《たちま》ち三四年経つてしまひました。けれども明暮《あけくれ》子良《しりやう》がどんなに待つても天人の母は帰つて来ません。どうなつたものやら風の便りすらないのでした。
 子良はもう立派な漁夫《れふし》の少年です。親父《おやぢ》の伯良《はくりやう》を扶《たす》けて漁に出ます。けれども母のことばかり考へてゐました。子良の幼ない記憶に残る母は鼻の高い、色の真白《まつしろ》な、せいの高い美しい人でした。子良はその母が目について忘れられないのでした。
「お前が天《あめ》の羽衣の隠してある処《とこ》を教へたりなんかするから、お母《ふくろ》は去《い》つちまつたんだよ。だが彼《あ》の女は遉《さす》が天の者だけに子供の可愛いことを知らんと見える、人情がないね。」
 伯良は子良がぼんやりと外の松の樹《き》の下に立つて母の飛んで行つた空を眺《なが》めてゐるのを見ると、よくこんな愚痴《ぐち》まじりの小言のやうなことを言ひました。
 そのうちもう二年経ちました。或《あ》る日矢張松原に出て、空を眺めてゐますと、日のある方から何やら白いものが落ちて来るやうですから「ハテ何だらうか」と、瞳《ひとみ》をこらして見てゐると、それは段々近くなつて一羽の鶴《つる》であることが分りました。するとまたその後から黒い大きなものが降りて来ますから、いよ/\変だと思つてゐると、それは一羽の大鷲《おほわし》で、鶴をめがけて、追うてくるのだと分りました。
 鶴は悲しい声を出して、一生懸命に逃げて来ますが、鷲はその強い大きな翼を搏《う》つてすさまじい勢で風をきり、たちまちに追ひ付き、その鋭い爪《つめ》と嘴《くちばし》とで、鶴を突いたり、蹴《け》つたりするので、空は鶴の白い羽がとび散り、まるで雪がふるやうでした。鷲は鶴を引浚《ひきさら》つていくつもりですが、鶴も今は必死ですから、その長い嘴《くちばし》を槍《やり》のやうに使ひ、その羽に力をこめてふせぎながら、隙《すき》があつたら逃げようと、だんだん下へ/\と舞ひ下つて来ました。
 子良はそれを見て、鶴がかはいさうになりましたので、どうにかして助けてやらうと思ひ、手に小石を拾つては鷲をめがけて投げつけました。始めのうちは遠いのでなか/\とゞきませんでしたが、だん/\近くなつたので、その石の一つが、まぐれ当りに鷲のからだに当りました。さすがの鷲もそれには少し困つたところを、鶴はす早く逃げて、子良の近くにある小松のしげみに隠れてしまひました。

    

 マアよい事をしたと思つて、子良《しりやう》は喜んで家《うち》に帰り誰《たれ》にも言はずにその日も暮れましたので、寝床に入つて眠《ね》ました。
 しかし二三時間も経《た》つと、誰やら女の声で御免なさい/\と言つて、雨戸をたゝく者がありますから、目を醒《さ》まして明けてみますと、其処《そこ》に昼間たすけてやつた鶴《つる》が立つてゐました。
「先程はどうも大変な御助けを受けまして何とも御礼の申し様もございません。」と、鶴は丁寧に頭を下げて言ひました。
「実は私《わたし》は貴下のお母様《かあさん》から言ひつかつて、天へお迎へに来ましたが、鷲《わし》の為めにサン/″\羽や身体《からだ》をいためられて、自分だけ低い空をとぶのがやつとでございます。ですから貴下を背負《おんぶ》してあの高い天の御殿などにはもう迚《とて》もいかれませんけれども此儘《このまま》にして置いては私の役目が果せませんから、一つ貴下《あなた》が天に御昇りになれる法をお教へ致します。」
 天《あめ》の羽衣もなく、又鶴の背にものらずに天に昇る法といふのは斯《か》うでした。
 昔天人が降つて遊んだ松原のあたりに、月のよい夜時々天から大きな釣瓶《つるべ》が繩《なは》をつけて下ろされる、それは天人が風呂をたてる水を汲むのでした。
 元から天人|達《たち》は自分で降りて来て美しい景色を眺《なが》めながら、うしほを浴びるのでしたが、伯良《はくりやう》が羽衣を隠してから後危ないから、こんな工合にしてゐるのでした。で、子良はその釣瓶《つるべ》の水をまかして、自分が代りに中に入つて行けばよいといふのでした。

    

 子良《しりやう》は今度こそ天にのぼつて、蜃気楼《しんきろう》の御殿を見たり、お母さんに会つたりすることが出来ると、大変|悦《よろこ》んで、或《あ》る月のよく光つた晩、こつそり鶴《つる》が教へた処《ところ》に行き、松の蔭《かげ》に隠れて天から釣瓶《つるべ》の下りてくるのを待つてゐました。
 夜もだん/\更けて、月が高く昇り、松に吹く風の音がさえにさえて来ますと、果して空から大きな釣瓶が下りて来て、汐《しほ》の中に、ドブン、ザワ/\と音を立てました。子良はそら今だと大急ぎで飛び出し、その釣瓶の水をあけると、自分が代つてその中に入りました。釣瓶は勢よく天へ引き上げられ、高く/\上がつたとき、どうした機《はず》みにかその繩《なは》がきれて、子良は真逆様《まつさかさま》に地面へ墜《お》ち、身体《からだ》は形もないほどメチヤ/\にこはれてしまひました。けれどもその時子良の魂だけは、フワリと浮いて、羽衣も釣瓶もなしに、ひとりでに高く/\天へ昇つて行きました。

底本:「日本児童文学大系 第一一巻 楠山正雄 沖野岩三郎 宮原晃一郎集」ほるぷ出版
   1978(昭和53)年11月30日初刷発行
入力:鈴木厚司
校正:noriko saito
2004年8月13日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA