沖野岩三郎

馬鹿七—— 沖野岩三郎

    一
 紀州《きしう》の山奥に、狸山《たぬきやま》といふ高い山がありました。其所《そこ》には、大きな樫《かし》だの、樟《くす》だのが生え繁《しげ》つてゐる、昼でも薄暗い、気味の悪い森がありました。森の中には百|穴《あな》といふのがありました。其《そ》の穴の中から、お腹《なか》の膨れた古狸が、夕方になると、百|疋《ぴき》も二百疋も、ノソノソと這《は》ひ出して来て、ポンポコ/\/\と腹鼓を打つて踊つたり跳ねたりするといふので、村の人達《ひとたち》は皆な気味悪く思つて、昼でもその森の中へ入つて行くものはありませんでした。
 この村に、七|郎兵衛《らうべゑ》といふ五十あまりの男がありました。七郎兵衛は少し馬鹿《ばか》な男でしたから、村の人達は、馬鹿《ばか》七、馬鹿七と呼んでゐました。七郎兵衛自身も、馬鹿七といはれて平気でゐました。
 この馬鹿七は平生《へいぜい》から、狸山へ行つて一度その狸の腹鼓を聞いて見たいものだ、狸の踊る様子を見てやりたいものだと言つてゐましたが、或《あ》る日の夕暮に、たうとう思ひ切つてたゞ一人その森の中へ入つて行きました。
 馬鹿七は腰に山刀をさして、手には竹の杖《つゑ》を一本提げてゐました。そして段々、山を奥へ奥へと登つて行つて、大きな暗い/\森の中へ入つてしまひました。
「何と大きな樟の樹《き》だなア、何と大きな樫の樹だなア。」と呆《あき》れながら、馬鹿七は真暗《まつくら》い森の中で木の根に腰をかけて、腹鼓の鳴るのを、今か/\と待つてゐました。けれども一時間待つても、二時間待つても、ちつとも狸は出て来ませんでした。で、馬鹿七はたうとう待草臥《まちくたび》れて、ウト/\と其所へ寝てしまひました。
 暫《しばら》くして、ふと、眼《め》を覚して見ると、これはまア何といふ不思議なことでせう。馬鹿七の前には、可愛い/\小い狸の仔《こ》が、百疋も二百疋も、きちんと座つてゐました。しかもそれが皆《みん》なお行儀よく並んで、馬鹿七の方を一生懸命に見詰めてゐるじやアありませんか。馬鹿七は吃驚《びつくり》しましたから、腰の山刀をスラリと引抜いて、振廻しました。すると、その可愛い狸の仔の姿は掻消《かきけ》すやうに消えてしまひました。そして、森はまた元の真闇《まつくら》になりました。
 すると、馬鹿七は又、ぐう/\と鼾《いびき》をかいて、寝てしまひました。暫《しばら》くして眼を覚して見ますと、今度は大きな親狸が、まん円い膨《ふく》れたお腹《なか》を、ずらりと並べて、百も二百も並んでゐるのです。そして皆《みん》な、小い棒切れを両手に持つて、今にもその太鼓を打ち出さうとしてゐるじやありませんか。それを見た馬鹿七は、躍り上つて、
「しめたぞ! 狸さん、早くその太鼓を打《たた》いて、聞かせてお呉《く》れ!」と云つて、ニコニコ笑ひながら、竹の杖に縋《すが》つて伸び上つて見ますと、森の中一面に、大きな古狸が、何百何千となく座つてゐるのです。
「大変な狸だなア、今度は山刀を抜いて脅かしはしない。さア一つその腹鼓を打《たた》いて呉れ!」といつて、また木の根に腰を掛けると、古狸が一斉にポンポコ/\と腹鼓を打《たた》き始めました。すると最前|何所《どこ》かへ逃げた小い可愛い仔狸が、何所からかヒヨコヒヨコと出て来て、面白|可笑《おか》しい手付腰付をして、踊り出して来たのです。
 馬鹿七は余り面白かつたものですから、いつの間にか、自分もその仔狸の群へ交つて、平生から好んでゐた歌を唄《うた》ひながら夢中になつて踊りました。そして踊り疲れて、バツタリ森の中に倒れて眠つてしまひました。
 翌《あく》る朝眼を覚して見ますと、狸らしいものは、其所らあたりに一疋も居りません。自分が仔狸と一緒に、踊つたらしい跡形もありませんでした。
 馬鹿七は首を傾《かし》げながら、森を出て山を降りて、村へ帰りました。そして村の人たちにこの話を致しましたが、皆《みん》な、
「嘘《うそ》だ/\、そんな馬鹿な事があるものか。」といつて、信じませんでした。
「嘘だと思ふなら、皆さんも森の中へ行つてごらんなさい。」と馬鹿七はいひました。
「だつて、昔から誰《たれ》も行かない森だもの、入つて行くのは気味が悪いから……」といつて、矢張《やつぱ》り誰一人、森へ入つて行かなかつたのです。けれども馬鹿七は、大抵月に三度づゝは、この森の中へ入つて行きました。そして、いつもその面白い腹鼓をきいたり、踊りを見て喜んだりして、一夜を山の中で過して帰つて来ました。

    二
 村の庄屋《しやうや》の息子に、智慧蔵《ちゑざう》といふ、長い間江戸へ出て、勉強して来た村一番の学者がありました。或時《あるとき》その馬鹿《ばか》七の話を聞いて、
「そんな馬鹿な話があるものか。それは迷信といふものだ。」と申しました。しかし馬鹿七は頭《かしら》を横に振つて、
「いゝえ、迷信でも何でもありません。私《わたし》は確かに太鼓の音を聞いたのです。踊りを見たのです。これより確かなことがあるものですか。」と言ひました。
 そこで、智慧蔵は村の若者十人をつれて、狸山《たぬきやま》へ探検に出かける事になりました。智慧蔵は長い槍《やり》を提げ、若者は各々《めいめい》刀を一本づゝ腰に差してゐました。馬鹿七は元気よく先に立つて、十一人を案内して、山へ登つて行きました。
「森が見えました。狸の腹鼓はあの森の中で聞くのです。」と言つて、馬鹿七が森の方を指しました時、もう若者の顔は大分蒼くなつて、中にはぶる/\と慄《ふる》へてゐる者もありました。
「狸が出て見ろ、片ツ端から刺し殺してしまふから……」
 智慧蔵は元気らしく言ひました。そして其所《そこ》で松明《たいまつ》へ火をつけさせて、若者を励しながら、森の中へ入つて行きました。けれども森の中には、狸らしいものは愚か、鼠の仔《こ》一|疋《ぴき》も見えませんでした。
「それ見ろ、馬鹿七の嘘吐《うそつ》き! 何も出やしないぢやないか。」といつて智慧蔵が大声で呶鳴りました時、向ふの大きな樟《くす》の木の蔭《かげ》から、ポン/\ポンポコ/\/\と面白い太鼓の響が聞えて来ました。
「やア、来た/\、そうれ、あの大きな狸を御覧! 三百、四百、五百、あれ/\彼《あ》の小い可愛い仔狸を御覧、あれ/\……」
 馬鹿七は、もう面白くて堪《たま》らないやうに叫びました。智慧蔵は槍を身構へました。若者は皆《みん》な、刀へ手を掛けました。しかし太鼓の音がするだけで、狸の影も形も見えませんでした。
「そうれ、来た/\、そうれ、その足許へ来たぢやないか。やア/\今晩のは滅法大きい狸ぢや……」といつて馬鹿七が踊り出したので、若者は急に気味悪くなつて、松明をそこへ投げ棄てたまゝ、一目散に森を駈《か》け出しました。
「待て! 逃げるのぢやない。狸も何もゐやアしないぢやないか。」かういつて智慧蔵は声を限りに叫びましたが、若者はそんな声は耳にも留めないで、我一《われいち》にと押合ひへし合ひ山を下の方へ走りました。かうなると最う智慧蔵も堪らなくなつて、一生懸命に森を逃げ出して、無茶苦茶に下の方へ転びながら走つて来て、十五六町も来たと思ふ時分に、振返つて見ますと、これは先《ま》ア、何といふ事でせう。不思議にも、森は一面の猛火に包まれて、焔々《えんえん》と燃えてゐました。それは、若者|達《たち》の投げ棄てた松明の火が、落積つた木の葉に燃え移つて、それが枝から枝に、段々と燃え広がつたのでありました。

    三
 火事だ、火事だ、山火事だ! といつて、村の人達《ひとたち》は、皆《みん》な麓《ふもと》まで駈《か》けつけて来ましたが、何様何千年も斧《おの》を入れた事のない大きな森の大木が燃え出したのですから、見る/\うちに、山一面が火の海になりました。
 山火事は七日の間続きました。そして高い高い狸山《たぬきやま》は、一本の生木もないやうに焼かれてしまひました。火事のあとで、村の人達が上つて行つて見ますと、百穴の中から、這《は》ひ出して来た古狸も仔狸《こだぬき》も、皆な焼け死んでゐました。それを見た智慧蔵《ちゑざう》は、
「これでいゝ、もう狸も出ないし下らない迷信もなくなつた。」といつて喜びました。しかし村の人達は、馬鹿《ばか》七がどうなつたのだらうかと思つて、心配しながら焼跡をすつかり調べて見ましたが、人間らしい者の屍骸《しがい》は何所《どこ》にも見つかりませんでした。
「あんな馬鹿な男は、どうなつたつていゝぢやないか。」と智慧蔵は言ひました。しかし村人は、馬鹿七のために心配してゐました。
 ところが其《その》翌年《よくねん》から、此《この》村に雨が一滴も降らなくなりました。もう川も谷も、水が涸《か》れてしまつて、飲む水にも困るやうになりました。田や畑の作物はすつかり萎《しな》びて、枯れてしまひました。で、多勢はお宮の境内で、太鼓を打《たた》いて歌ひながら、雨乞踊《あまごひをどり》をいたしました。智慧蔵は馬鹿な踊をする奴《やつ》らだと言ひながら、その雨乞踊を見に行きました。
 三百人も四百人も集つて、声を嗄《か》らして歌ひながら、雨乞踊を踊つてゐますと、そこへ向ふの方から、青い物を荷《にな》つた男が、一人やつて来ました。よく/\見ると、それは馬鹿七でありました。
「馬鹿七さん、あなたは焼け死んだのぢやア無かつたのですか。」
と智慧蔵は問ひました。
「いゝえ、この通り生きてゐます。私《わたし》は山火事が起つたので、直《す》ぐ隣りの国へ杉苗を買ひに参りました。御覧なさい。この通り杉苗を三千本買つて参りました。」
「まア、小い杉苗ですね。これを何《ど》うするつもりですか。」
「これをあの狸山へ植ゑて、元の通りの森にするのです。」
「こんな小い苗を植ゑて、元の森にする? 何年後に大きな森になると思ふ?」
「さうさなア、三百年も経《た》てば……。」
「はゝゝゝは、」と智慧蔵は笑ひました。皆なも一度に笑ひました。そして又太鼓を打《たた》いて踊り始めたのです。けれども馬鹿七は、さつさと山へ上つて行きました。そして土を掘つて叮嚀《ていねい》に、其《その》杉苗を植ゑました。それから二十日もたつて馬鹿七が、山を下りて来た時、村の人達は、矢張り雨乞踊りを踊つてゐました。
 馬鹿七は小高い所から、ぢつとその踊りを眺《なが》めてゐましたが、不思議にも村の人達が、皆《みん》な狸に見えるのです。
「あすこで狸が踊つてゐる? 狸が腹鼓を打つてゐる? いゝや、あれは人間ぢや、村の馬鹿な人達ぢやらう? いゝや狸だらう? はてな……」と頻《しき》りに頭を傾《かし》げて考へてゐました。そこで段々と近寄つて見ましたがどうしても、智慧蔵を始め皆なが、毛むくぢやらな、腹の大きい狸に見えるのです。
「おうい/\、お前達は皆《みん》な狸なのか、此村で本当の人間は俺《おれ》一人なのか……」と云つて馬鹿七は、おい/\と大声をあげて泣いたさうです。

 それから何百年もたつて、狸山は又元の通りの、大きな森になりました。馬鹿七の植ゑた杉苗が、もう幾抱《いくかか》えもある大きなものになつて、高く聳《そび》えてゐます。そして此村は、五日目に風が吹き、十日目に雨が降り、田畑の作物が大変よく実ります。毎年秋の末に村の人達が木の刀を腰にさして、狸山へ上つて、其所《そこ》で太鼓を打いて、狸の仮面《めん》を被つて踊ります。森の中にはお宮があつて、そのお宮を「馬鹿七|権現《ごんげん》」と申します。そして村人の被る狸の仮面《めん》を「智慧蔵|仮面《めん》」と申します。しかし村人の誰《た》れもその由来を知つたものはありません。

底本:「日本児童文学大系 第一一巻」ほるぷ出版
   1978(昭和53)年11月30日初刷発行
底本の親本:「赤い猫」金の星社
   1923(大正12)年3月
初出:「金の船」キンノツク社
   1919(大正8)年11月
入力:tatsuki
校正:田中敬三
2007年2月21日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA