下村千秋

神様の布団—– 下村千秋

 むかし、鳥取《とっとり》のある町に、新しく小さな一|軒《けん》の宿屋《やどや》が出来ました。この宿屋の主人は、貧乏《びんぼう》だったので、いろいろの道具類《どうぐるい》は、みんな古道具屋から買い入れたのでしたが、きれい好《ず》きな主人は、何でもきちんと片《かた》づけ、ぴかぴかと磨《みが》いて、小ぎれいにさっぱりとしておきました。
 この宿屋を開いた最初《さいしょ》のお客は、一人の行商人《ぎょうしょうにん》でした。主人は、このお客を、それはそれは親切にもてなしました。主人は何よりも大事な店の評判《ひょうばん》をよくしたかったからです。
 お客はあたたかいお酒をいただき、おいしい御馳走《ごちそう》を腹《はら》いっぱいに食べました。そうして大満足《だいまんぞく》で、柔《やわ》らかいふっくらとした布団の中へはいって疲《つか》れた手足をのばしました。
 お酒を飲み、御馳走をたくさん食べたあとでは、だれでもすぐにぐっすりと寝込《ねこ》むものです。ことに外は寒く、寝床《ねどこ》の中だけぽかぽかとあたたかい時はなおさらのことです。ところがこのお客ははじめほんのちょっとの間|眠《ねむ》ったと思うと、すぐに人の話し声で目をさまされてしまいました。話し声は子供《こども》の声でした。よく聞いてみると、それは二人の子供《こども》で、同じことをお互《たが》いにきき合っているのでした。
「お前、寒いだろう。」
「いいえ、兄さんが寒いでしょう。」
 はじめお客は、どこかの子供たちが暗闇《くらやみ》に戸惑《とまど》いして、この部屋へまぎれ込《こ》んだのかも知れないと思いました。それで、
「そこで話をしているのはだれですか?」となるべくやさしい声できいてみました。すると、ちょっとの間しんとしました。が、また少したつと、前と同じ子供の声が耳の近くでするのでした。一つの声が、
「お前、寒いだろう。」といたわるように言うと、
 もう一つの声が細い弱々しい声で、
「いいえ、兄さんが寒いでしょう。」というのです。
 お客は布団《ふとん》をはねのけ、行灯《あんどん》に灯《ひ》をともして、部屋の中をぐるりと見回しました。しかしだれもいません。障子《しょうじ》も元のままぴったりとしまっています。もしやと思って、押《お》し入れの戸を開けて見ましたが、そこにも何も変わったことはありませんでした。で、お客は少し不気味《ぶきみ》に思いながら、行灯の灯をともしたままで、また床《とこ》の中にもぐり込みました。と、しばらくするとまたさっきと同じ声がするのです。それもすぐ枕元《まくらもと》で、
「お前、寒いだろう。」
「いいえ、兄さんが寒いでしょう。」
 お客は急に体中がぞくぞくとして来ました。もうじっとして寝《ね》ていられないような気持ちになりました。でも、しばらくじっと我慢《がまん》していますと、また同じ子供の声がするのです。
 お客はがたがたふるえながら、なおも、聞き耳を立てていますと、また同じ声がします。しかも、その声は、自分のかけている布団の中から出て来るではありませんか。――掛《か》け布団《ぶとん》が物を言っているのです。
 お客は、いきなり飛《と》び起きると、あわてて着物を引っかけ、荷物《にもつ》をかき集めてはしご段《だん》を駆《か》け下りました。そうして、寝《ね》ている主人を揺《ゆ》り起こして、これこれこうだと、今あったことを息もつかずに話しました。
 しかしあんまり不思議《ふしぎ》な話なので、主人はそれをどうしても信じることが出来ませんでした。商人はあくまでほんとうだと言い張《は》ります。商人と主人とは、互《たが》いに押《お》し問答《もんどう》をしていましたが、とうとうしまいに主人は腹《はら》を立てて、
「馬鹿《ばか》なことをおっしゃるな。初《はじ》めての大切なお客さまを、わざわざ困《こま》らせるようなことをいたすわけがありません。あなたはお酒に酔《よ》っておやすみになったので、おおかた、そういう夢《ゆめ》でもごらんになったのでしょう。」
 と、大きな声で言い返しました。けれどもお客は、いつまでもそんなことを言い合ってはいられないほど、おじ気《け》がついていたので、お金を払《はら》うと、とっとと、その宿を出て行ってしまいました。

 あくる日の晩《ばん》、また一人のお客が、この宿に泊《と》まりました。このお客も前夜のお客と同じように親切にもてなされて、いい気持ちで寝床《ねどこ》につきました。
 その夜が更《ふ》けると、宿の主人はまたもそのお客に起こされました。お客の言うことは、前夜のお客の言ったことと同じでした。このお客は、ゆうべの人のようにお酒を飲んではいませんでしたから、宿の主人も酒のせいにすることは出来ませんでした。で主人は、このお客はきっと、自分の稼業《かぎょう》の邪魔《じゃま》しようとしてこんなことを言うのだろうと思いました。で、やっぱり前夜と同じように腹を立てて、大きな声で言い返しました。
「大事なお客様です、喜《よろこ》んでいただこうと思いまして、何から何まで手落ちのないようにいたしました。それだのに縁起《えんぎ》でもないことをおっしゃる。そんな評判《ひょうばん》が立ちましたら私《わたくし》どもの店は立ち行きません。まぁよく考えてからものをおっしゃって下さい。」
 そう言われると、お客もたいへん機嫌《きげん》を悪くして、
「わしはほんとうのことを言っているのです。余計《よけい》なことを言う前に、自身《じしん》で調べてみなさるがいい。」と言って、これもお金を払《はら》うとすぐに、宿を出て行ってしまいました。
 お客が行ってしまってからも、主人は一人でぷりぷり怒《おこ》っていましたが、とにかく一度その布団《ふとん》を調べてみようと思い、二階のお客の部屋へ上って行きました。
 布団のそばにすわってじっと様子をうかがっていると、やがて子供《こども》の声がしてきました。それはたしかに一枚の掛《か》け布団《ぶとん》からするのでした。あとの布団はみんな黙《だま》っています。そこで主人は、これは不思議《ふしぎ》だと、二人のお客にまでつけつけと言ったことを後悔《こうかい》しながら、その掛け布団だけを自分の部屋へ持って来て、そしてそれを掛けて寝《ね》てみました。子供の声はたしかにその掛け布団からするのでした。
「お前、寒いだろう。」
「いいえ、兄さんが寒いでしょう。」
 主人は一晩中《ひとばんじゅう》眠《ねむ》ることが出来ませんでした。
 夜の明けるのを待って、主人はその布団を買った古着屋へ行き、その話をくわしくしました。古着屋の主人は、そんな布団のいわれは知らないが、その布団は、出入りの古着商から買ったというのです。そこで宿の主人はその出入りの古着商をたずねて行きますと、その人は、あの布団は、町の場末《ばすえ》にあるひどく貧乏《びんぼう》な商人から買ったのだと言うのでした。で、宿の主人は布団のいわれを探《さが》し出すために、根気《こんき》よくそれからそれへとたずねて行きました。
 やがてとうとう、その布団《ふとん》はもと、ある貧《まず》しい家のもので、その家族が住んでいた家の家主《やぬし》の手から、買い取ったものだということがわかりました。そこで宿の主人は、次のような布団の身の上話をきくことが出来ました。

 その布団の持ち主の住んでいた家の家賃《やちん》は、その頃《ころ》ただの六十|銭《せん》でした。それだけでもどんなにみすぼらしい家かはおわかりでしょう。しかしそれほどの家賃の支払《しはら》いにも困《こま》るほどこの家族は貧乏《びんぼう》なのでした。というのも、母親は病気で長い間|床《とこ》についたきりでしたし、そのうえにまだ働《はたら》くことの出来ない二人の子供《こども》――六つの女の子と八つになる男の子があり、父親は体が弱くて思うように働くことが出来なかったからです。またこの家族は、頼《たよ》るべき親戚《しんせき》や知り合いが鳥取《とっとり》の町中に一人もありませんでした。
 ある冬の日のこと、父親は仕事から帰って来て、気分が悪いと言って床についたなり、病《やまい》は急に重くなって、それきり頭が上がらなくなりました。そして一週間ほど薬ものめずにわずらってとうとう死んでしまいました。二人の子供を残《のこ》された母親は床の中で毎日|泣《な》いていましたが、間もなく病が重くなり、母親もついに亡《な》くなってしまったのです。二人の子供は抱《だ》き合って泣いているより外はありませんでした。どちらへ行っても知らぬ他人ばかりで、助けてくれるような人は一人もありません。雪に埋《う》もれた町の中で、子供たちは、働こうにも、何一つ仕事がないのでした。子供たちは、家の中の品物を一つずつ売って暮《く》らしていくより外はなかったのです。
 売る物と言っても、もとからの貧乏暮《びんぼうぐ》らしですから、そうたくさんあろうはずはありません。死んだ父親と母親の着物、自分たちの着物、布団四、五枚、それから粗末《そまつ》な二つ三つの家具、そういう物を二人は順々《じゅんじゅん》に売って、とうとう一枚の掛《か》け布団《ぶとん》しか残《のこ》らないようになってしまいました。そうしてついに何も食べるものがない日が来ました。言うまでもなく、家賃《やちん》などを支払《しはら》っているどころではありません。
 それは冬でも大寒《だいかん》といういちばん寒い季節《きせつ》でした。この季節になると、この地方は、大人の丈《たけ》ほどの雪が積《つ》もり、それが春の四月|頃《ごろ》までとけずにいるのです。二人の子供《こども》の食べるものがなくなったその日も朝から雪で、午後からは、ひどい吹雪《ふぶき》になりました。二人の子供は外へ出ることも出来ません。空いたお腹《なか》を抱《かか》えながら二人はたった一枚の布団《ふとん》にくるまって、部屋の隅《すみ》にちぢこまっていました。あばら家のことですからどこも隙間《すきま》だらけです。その隙間から吹雪は遠慮《えんりょ》なく吹《ふ》き込んで来ます。二人はぶるぶるふるえながら、しっかりと抱《だ》き合って、子供らしい言葉で互《たが》いに慰《なぐさ》め合うよりしかたがありませんでした。
「お前、寒いだろう。」
「いいえ、兄さんが寒いでしょう。」
 二人はそれを互いにくり返して、言い合っていました。
 そこへ、家主がやって来たのです。無慈悲《むじひ》な家主は怖《こわ》い顔をして、荒々《あらあら》しく怒《おこ》って家賃の催促《さいそく》をしました。二人の子供は驚《おどろ》きと悲しみのあまりものを言うことも出来ませんでした。首をすくめ、目をしばたたいているばかりでした。家主は、家の中を、じろじろ見回していましたが、金目《かねめ》の品物は何一つないのを知ると、らんぼうにも、子供たちがくるまっていた一枚の布団をひったくってしまいました。そのうえ子供たちを家の外へ追い出して、家の戸には錠《じょう》を下ろしてしまったのです。
 追い出された二人の兄妹《きょうだい》はもとより行く所はありません。少し離《はな》れたお寺の庫裡《くり》の窓《まど》から暖《あたた》かそうな灯《ひ》の光が洩《も》れて見えましたが、雪が子供《こども》たちの胸《むね》ほども積《つ》もっていましたので、そこまでも行くことも出来ません。それに子供たちは一枚の着物しか着ていませんので、体中がこごえてしまって、もう一足も動けそうもありませんでした。
 そこで二人は、怖《こわ》い家主が立ち去ったのを見ると、またもとの家の軒下《のきした》へこっそりとしのび寄《よ》りました。
 そうしているうちに二人は、だんだんと眠《ねむ》くなって来ました。長い間あんまりひどい寒さにあっていると、だれでも眠くなるものなのです。兄妹は少しでも暖《あたた》まろうと、互《たが》いにぎっしりと抱《だ》き合っていました。そしてそのまま静《しず》かな眠《ねむ》りに落ちて行きました。こうして兄妹が眠っている間に、神様は新しい布団《ふとん》――真っ白い、それはそれは美しい、やわらかい布団を、抱き合った兄妹の上にそっと掛《か》けて下さいました。兄妹はもう寒さを感じませんでした。そしてそれから幾日《いくにち》も幾日もそのままで安らかに眠りつづけました。
 やがてある雪のやんだ日、近所の人が、雪の中に冷《つめ》たくなっている二人の兄妹の体を見つけ出しました。兄妹はそうして冷たい体になっても互いにしっかと抱き合っていました。

 宿屋の主人はこの話を聞いてしまうと、しばらくの間だまって目をつぶって、神様に祈《いの》るような風《ふう》をしていました。それから家へ帰って、ものを言う不思議《ふしぎ》な布団を持ち出して、二人の兄妹の家の近くのお寺へ行って納《おさ》めました。そして、そこのお坊《ぼう》さんに頼《たの》んで、小さい美しい二人の霊《たましい》のために、ねんごろにお経《きょう》をあげてもらいました。
 それからその布団は、ものを言うことを止《や》めました。そして宿屋もたいへんに繁昌《はんじょう》したということであります。

底本:「あたまでっかち――下村千秋童話選集――」茨城県稲敷郡阿見町教育委員会
   1997(平成9)年1月31日初版発行
初出:「赤い鳥」赤い鳥社
   1925(大正14)年4月
※表題は底本では、「神様の布団《ふとん》」となっています。
入力:林 幸雄
校正:富田倫生
2012年2月2日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA