沖野岩三郎

熊と猪—— 沖野岩三郎

    一
 紀州《きしう》の山奥に、佐次兵衛《さじべゑ》といふ炭焼がありました。五十の時、妻《かみ》さんに死なれたので、たつた一人子の京内《きやうない》を伴《つ》れて、山の奥の奥に行つて、毎日々々木を伐《き》つて、それを炭に焼いてゐました。或日《あるひ》の事京内は此《こ》んな事を言ひ出したのです。
「お父さん、俺《おれ》アもう此《こ》んな山奥に居るのは嫌《いや》だ。今日から里へ帰る。」
「そんな馬鹿《ばか》を言ふものぢやあ無い。お前が里へ出て行つたなら、俺は一人ぼつちになるぢやないか。」と言つて佐次兵衛は京内を叱《しか》りました。
「お父さんは一人でも宜《い》いや、大人だもの。俺ア子供だから、里へ行つて皆《みん》なと鬼ごつこをして遊びたい。」
「そんな気儘《きまま》を言ふものぢや無い。さ、私《わし》と一緒に木を伐りに行かう。」
 佐次兵衛は京内の手を取つて、引張つて行かうとしました。
「嫌《や》だ、やだ! お父さんは一人で行け。俺は里へ遊びに行く!」と言つて京内はドン/\と、山路《やまみち》を麓《ふもと》の方へ駈《か》けて行きました。
「おい、こりや、それは親不幸といふものだぞ!」
「不孝でもコーコーでも宜いや、里へ行つて遊ぶんだ。」
 京内は一生懸命に駈け出したので、佐次兵衛も捨てゝ置けず、お弁当を背負つたまゝ、パタ/\と其の後を追かけました。

    二
 山の上には、大きな熊《くま》が木の枝に臥床《ねどこ》を作つて、其所《そこ》で可愛い可愛い黒ちやん=人間なら赤ちやん=を育てゝ居ました。
「さ、オツパイ! オツパイお食《あが》り、賢いね黒ちやん。」
 熊のおツ母《か》さんは黒ちやんの頭を舐《な》めてやりました。
「オツパイ嫌《いや》よ。もつと/\旨《おい》しいもの頂戴《ちやうだい》な。」
「オツパイが一番|旨《おい》しいのよ、ね、駄々《だだ》を捏《こ》ねないで、さ、お食《あが》り……」
「嫌だつて云ふのに、オツパイなんか飲ませたら、おツ母さんの乳頸《ちくび》を噛《か》み切つてやるぞ。」
 熊は黒ちやんでも、なか/\悪口は達者と見えます。
「アイタタ、まあひどいのネ此《こ》の児《こ》は。母ちやんのお乳から、こんなに血が出るぢやないの。」
 お母《つか》さんは、ちよいと睨《にら》む真似をしました。
「お乳は嫌、もつと/\旨《おい》しいもの頂戴。」
「そんな無理を、お言ひで無い。それは親不幸といふものです。」
「不幸でもコーコーでも宜《い》いワ。もつと旨《おい》しいもの食べさしてお呉《く》れ、え、おツ母《か》さん。」
「仕様が無いね。此の子は、」とおツ母さんは暫《しばら》く考へてゐましたが、
「坊やは何が好き? 蟻《あり》? 栗《くり》?」とたづねました。
「嫌だ/\、そんなもの皆《みん》な嫌だ、もつともつと甘くつて旨《おい》しいものが欲しい……」と、黒ちやんはいひました。
「困つた事を言ふのネ、あ、さう/\蟹《かに》……、蟹を食べた事があつて? あの赤アい爪《つめ》のある、そうれ横に、ちよこ/\と這《は》ふ……」と、お母さんは、また優しくいひました。
「食べた事無いワ、蟹なんて……そんな物|旨《おい》しい? え、本当に旨しい?」
「えゝ/\、夫れは本当に旨《おい》しいのよ。これから谷川へ行つて、うんと捕つて来てあげるから、此所《ここ》で温順《おとな》しく待つておいで。」
「イヤ、イヤ、坊やも一緒に行く。」と足摺《あしず》りをしながら、黒ちやんは強請《ねだ》りました。
「此所に温順《おとな》しくしておいで、ね、賢い児だから……」と言つて、お母さんは黒ちやんの背《せなか》を優しく叩《たた》いてやりました。
「嫌だ/\、一緒に行く。伴《つ》れてつて呉れなければ耳を噛み切つてやる!」と、黒ちやんは泣きながら無理を言ひました。
「アイタタ、何といふ乱暴な子だらう、此の子は。よし/\仕方がない。では伴れてツてあげやう。さ、そうツと降りるんだよ。おつこちて怪我《けが》をしないやうにネ。」
 熊のおツ母《か》さんは、たうとう黒ちやんの強情に負けてしまひました。

    三
 丘の所に大きな猪《ゐのしし》が一疋《いつぴき》の可愛い坊やと一緒に臥《ね》てゐました。おツ母さんは、坊やの背《せなか》を叩《たた》きながら、
「坊や、もう段々お昼になつて来るから、寝んねするんだよ。昨晩《ゆふべ》は能《よ》く遊んだネ。狸《たぬき》を脅かしてやつたツて、夫《そ》りやア偉かつたネ、坊やは小さくても猪だから、狸位何でも無いネ。」
 猪のおツ母さんは、頻《しき》りに坊やを褒《ほ》めてゐましたが、いつの間にか、うと/\と眠つてしまひました。悪戯《いたづら》ツ児《こ》の坊やは、おツ母さんの眠つてゐる間に、そうつと、山を下の方へ降りて行きました。
「坊や! 坊や!」と眼《め》を覚したおツ母さんは、きよろ/\其所《そこ》らを見廻《みまは》しましたが坊やは何所《どこ》にも居ませんでした。で、屹度《きつと》谷へ水遊びに行つたに違ひないと思つて、矢のやうに、山を下へ下へと駈《か》け下りました。けれども、坊やは谷へは行かないで、大きな樫《かし》の木の所で、
「やあい、おツ母《か》さんは僕《ぼく》を知らないのかツ。」と云《い》つて独りで嘲笑《あざわら》つてゐました。

    四
 熊《くま》の親子は谷川へ下りて来ました。
「此《この》石の下には、屹度《きつと》蟹《かに》が居るよ、さ、おツ母《か》さんがかうして、石を引起して居るから坊やは自分で蟹を掴《つか》んでお捕り……」
 熊のおツ母さんは、ウント力を入れて、平たい五六十貫もあるやうな石を引起しました。すると其《そ》の石の下から、爪《つめ》の赤い小さい蟹が六ツも七ツも、ちよこ/\と逃げ出しました。
「あ、居る/\、沢山居る。」と黒ちやんは夢中になつて、蟹を捕つてゐました。
 所へ山の上から大きな猪《ゐのしし》のおツ母さんが、どん/\走つて来ました。そして谷の中でビチヤ/\水音がするのを聞いた時、屹度《きつと》坊やが水遊びをして居るのだと思つたので、藪《やぶ》の中から大声で、
「おうい、お前は何うしてこんな所へ独りで来た?」と呶鳴《どな》りながら、岩の所からぬつと顔を出しました。
 熊のおツ母さんは、不意に猪に呶鳴られたので、吃驚《びつくり》して思はず、力一杯引起して居た石から手を離しました。と、同時に足の所で、
「きやあ!」と言ふ声がしたのに気付いて見れば、可哀さうに黒ちやんは、大きな石の下になつて死んでゐました。
 さあ大変です。熊のおツ母さんは気狂《きちがひ》の様になつて、
「大事の/\黒ちやんを殺したのは貴様だぞ! 覚ぼえてゐろ!」といひながら猪に向つて爪を剥《む》き出しました。
 猪は又た自分の子が、石に抑《おさ》へられて死んだのだと考へ違ひをして、
「貴様は大事の/\私《わし》の坊やを、其の石で圧《おさ》へ殺したんだな。今に敵《かたき》を討《うつ》てやるぞ!」と、叫びながら、鋭い牙《きば》を剥き出しました。
 熊と猪は、かみ合ひました。そして、日の暮れまでもお互に争つてゐました。

    五
 京内《きやうない》が里の茶店でお菓子を買つて貰《もら》つて、佐次兵衛《さじべゑ》に伴れられて山小屋へ帰つて来たのは、其《そ》の翌日でありました。
「さ、もう駄々《だだ》をこねるんぢやアないよ、お前のお蔭《かげ》で昨日今日は二人とも遊んで了《しま》つた。」と云《い》ひながら、佐次兵衛は京内をつれて谷川へ水を汲《く》みに行つて見ると、これはまあ何といふ事です。大きな猪《ゐのしし》と大きな熊《くま》が、二|疋共《ひきとも》引掻《ひつか》かれて、噛切《かみき》られて、大怪我《おほけが》をして死んで居るぢやありませんか。しかも二疋とも大きな石を腹の下に抑へて、頭を並べて死んで居るのです。能《よ》く/\見ると、石の下から小い黒い獣《けだもの》の足が二寸ばかり外へ出てゐました。
 佐次兵衛が猪と熊とを引除《ひきの》けて石を引起した時、京内は可愛い可愛い熊の子が、赤い舌を出して死んでゐるのを見まして、ポロポロ涙を流しました。
「なア、畜生でも……これは屹度《きつと》この小い熊の子の為《ため》に親同志が喧嘩《けんくわ》をして死んだのだらう……」と云つてゐる時、藪《やぶ》の蔭《かげ》からコソ/\と小い猪の子が出て来て、直《す》ぐ逃げてしまひました。
 佐次兵衛は、此《こ》の三疋の獣の為めに叮嚀《ていねい》にお葬式をしてやりました。
 それから京内は大変孝行な子供になつて、一生懸命にお父さんと一緒に働いて名高い炭焼になりました。今に木炭は紀州の名高い産物の一つであります。

底本:「日本児童文学大系 第一一巻」ほるぷ出版
   1978(昭和53)年11月30日初刷発行
底本の親本:「赤い猫」金の星社
   1923(大正12)年3月
初出:「金の船」キンノツク社
   1919(大正8)年12月
※「不幸」と「不孝」の混在は、底本通りです。
入力:tatsuki
校正:田中敬三
2007年2月21日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA