岡本かの子

山茶花—–岡本かの子

ひとの世の男女の
 行ひを捨てて五年
 夫ならぬ夫と共《ともに》棲《す》み
 今年また庭のさざんくわ
 夫ならぬ夫とならびて
 眺め居《ゐ》る庭のさざんくわ

 夫ならぬ夫にしあれど
 ひとたびは夫にてありし
 つまなりしその昔より
 つまならぬ今の語らひ
 浄《きよ》くしてあはれはふかし
 今年また庭のさざんくわ
 ならび居て二人はながむる。

底本:「愛よ、愛」メタローグ
   1999(平成11)年5月8日第1刷発行
底本の親本:「岡本かの子全集」冬樹社
   1976(昭和51)年発行
入力:門田裕志
校正:土屋隆
2004年3月30日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA